睡眠時無呼吸症候群の治療は危急を要する

睡眠は一日の疲労を回復させるもので、とても大切なものなのです。

しかし、中には、睡眠がうまくとれずに睡眠障害になってしまっている人も少なくありません。

睡眠障害になってしまった場合は、睡眠薬の服用などで治療をしなければ、睡眠障害は治りません。

そんな睡眠障害の中で、重大な交通事故など起こして社会問題化したことで、その名前は知っている人もいると思いますが、睡眠時無呼吸症候群という睡眠時に呼吸が止まってしまうという症状の睡眠障害があり、これは急いで治療を行わなければならない睡眠障害の一つです。

⇒ YouTube 動画はこちら

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に何度も無呼吸の状態を繰り返す病気です。

いびきや不眠、睡眠時に目が覚めたり、起床時に頭痛がしたり、日中のどうしようも眠気など様々な症状があります。中には、高血圧の他、不整脈や循環器系の障害、呼吸器系の障害などの合併症を起こす場合があります。

睡眠時無呼吸症候群を治療せずに放っておくと、交通事故などの重大な事故を起こしたりしますので、睡眠時無呼吸症候群は急いで治療するべき病気なのです。

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群の多くは、呼吸時の空気の通り道である気道が、部分的に、或いは完全に閉塞してしまうことで起こる病気です。

睡眠時無呼吸症候群は、肥満の人やあごが小さい人など気道が元々狭い人がかかりやすい病気なのです。

睡眠時無呼吸症候群の治療

仰向けで寝ていると気道が睡眠時にふさがれる可能性が高いので、仰向けにならないように睡眠時の体位を横向きに変えるという応急的な処置がありますが、これは根本的な睡眠時無呼吸症候群の原因の治療ではありません。

睡眠時無呼吸症候群には減量

一部の睡眠時無呼吸症候群の人は肥満による場合がありますので、減量することで睡眠時の無呼吸が治癒します。

これは、肥満によって気道が睡眠時に塞がれる場合に多いのですが、減量することで、気道の確保ができ、睡眠時無呼吸症候群が治癒するのです。

肥満の人は概して睡眠時無呼吸症候群にかかりやすいといえ、減量することはからだにもいいので、是非、肥満の人は減量してください。

睡眠時無呼吸症候群には禁煙

喫煙は血中の酸素を低下させ、咽喉頭部に炎症を起こし、睡眠時に無呼吸になるということがあります。

この場合、簡単なことですが、禁煙することでそれが治癒します。肺がんの予防なども考慮すると禁煙することはオススメです。

睡眠時無呼吸症候群には飲酒や睡眠薬の服用を控える

就寝前に飲酒をしたり、睡眠薬を服用すると、咽頭の筋肉が緩くなり、気道の閉塞を引き起こすことがあります。

この場合は、飲酒を控え、睡眠薬の服用を控えると睡眠時に気道が確保されて、無呼吸の状態を回避することが出来ます。しかし、睡眠薬の服用は、すぐにやめることは睡眠障害を悪化させる場合がありますので、睡眠薬の服用は、担当医と相談して服用を調節することが肝要です。

その他様々な方法がありますが、深刻な場合は手術で気道の確保をしなければならない場合があります。

いづれにせよ、睡眠時無呼吸症候群はすぐに治療し、治さなければ、交通事故などをおこすなど命の危険がありますので、昼間にどうしようもない眠気に襲われて悩んでいる人は一度医師の診察を仰いでみてください。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました