睡眠障害とは心身の悲鳴!?その治療は?

健康を保つためには健全な睡眠は不可欠です。

睡眠は、心身の疲労回復をもたらすとともに、日中の膨大な情報量を記憶として定着させたり、免疫強化の働きも持っています。

しかし、現代の日本人は、誰しも何らかの睡眠に対する問題を抱えていて、中にはその症状が重い睡眠障害に陥っている人も少なくありません。それでは睡眠障害の治療とはどのようなものがあるのでしょうか。

⇒ YouTube 動画はこちら

睡眠障害とは

睡眠障害とは、睡眠に何らかの問題がある状態のことを言います。

眠れないということはよくあることですが、眠れないから不眠症ではありません。不眠の原因には、環境や生活習慣、精神的・身体的な病気によるもの、薬によって引き起こされるものなど、様々です。

そして、睡眠障害には、不眠症の他に日中非常に激しい眠気に襲われてたり、睡眠中に起きてくる病的な運動や行動、睡眠のリズムの乱れが元に戻せないなど、多岐に渡っています。

また、睡眠の問題は1つの原因のみで起こるものではなく、複合的な原因によって起こる場合がほとんどです。

睡眠障害は国民病?

日本では、一般成人のうち約21%が不眠で悩んでいて、約15%が日中の眠気を自覚しているとの調査結果があります。つまり、成人の5人に1人、つまり、1500万~2000万人の人が不眠に悩んでいることになります。

その背景には、人口の高齢化、生活スタイルの多岐か、24時間社会における生活リズムの乱れ、そしてストレスなどがその要因です。

睡眠障害の問題点

睡眠障害があると、何が問題となるのでしょうか。

一つには睡眠障害によって、日常生活や社会生活に支障を来す状態に陥ることがあるのです。睡眠障害による日中の激しい眠気、集中力の低下など、日常生活に支障を来し、最悪、事故を引き起こします。

また、睡眠不足や睡眠障害が長期間続くと、生活習慣病やうつ病などになりやすくなることがあります。

睡眠障害の治療について

睡眠障害は疾患によって治療法が変わります。

「眠れない」=「睡眠薬治療」ではありません。症状やサイン、診察や検査からその原因となる疾患が適切に診断され、原因に応じた治療を受けることがもっとも大切なのです。

 

重症度によって治療法がことなります。経鼻的持続陽圧呼吸法(鼻CPAP療法)や口腔内装置などが使われます。肥満の場合は、ダイエットが必要です。飲酒や睡眠薬はかえって症状を悪化させます。

 

むずむず脚症候群・周期性四肢運動障害

抗てんかん薬や抗パーキンソン病薬などが使われます。これは専門医の診断が必要です。

 

過眠症

夜間十分な睡眠をとり、規則的な生活を心がけるようにします。昼休みなどに短時間睡眠を取り入れます。眠気に対して中枢神経刺激薬が使用される場合がありますが、専門医の診察が必要です。

 

睡眠時随伴症

ストレスが関与している場合がありますので、ストレスの軽減を行います。睡眠中の寝ぼけ行動に対しては、危険に配慮した寝室環境を整えます。薬物療法としては睡眠薬、抗てんかん薬、抗うつ薬、抗パーキンソン病薬などが使われます。

 

体内時計をリセットします。通常の一日のリズムに合わせるためには、朝、たっぷりの光を浴びることが重要です。休日でも平日と同じ時間に起床し、光を浴びるのが治療の第一歩です。睡眠薬やサプリメントを使用する場合は、専門医の指導の下に行ってください。

 

睡眠薬での治療

寝付きが悪い、途中で起きてしまう、早く目が覚めてしまう、などの不眠症状に応じて、睡眠薬が使用されます。また、抗うつ薬、抗不安薬、抗精神病薬なども使用されます。医師の指示に従って正しく使用します。睡眠薬はぜったいにお酒と一緒に呑んではいけません。睡眠薬を服用したならば30分以内に寝床に就きます。

また、服用していた薬をいっぺんに中止すると、リバウンドで不眠が悪化することがありますので、医師の指示の下、ゆっくりとやめるようにします。

まとめ

夜眠れないなどの不眠が深刻な状態が睡眠障害で、睡眠障害は日常生活に支障を来します。

睡眠障害に陥ってしまった場合は、どうしても睡眠薬の使用をしなければ、症状は改善しません。

この場合、専門医の指導の下、睡眠薬等を処方してもらい、用量、用法をしっかりと守って睡眠障害を改善させます。

また、朝、日光をたっぷりと浴びることが睡眠障害に資するので、朝日をたっぷりと浴びてください。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました