睡眠時間の最低時間は四時間半と言われているが?

睡眠時間の最低時間は、一部では四時間半と言われています。

睡眠は90分周期でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返します。

四時間半は90分の倍数になっていますので、これはあながち間違いではありません。

しかし、睡眠時間が最低の時間しかとっていないという場合は、起きている時にボーッとして集中力を欠いたり、眠気に襲われると言った反動に見舞われます。

⇒ YouTube 動画はこちら

睡眠時間の最低時間は?

幼児・小児の場合は、最低必要な睡眠時間は大人に比べればとても長く、例えば、生まれたばかりの赤ちゃんですと、最低でも18時間程度の睡眠時間が必要です。

幼稚園児でも最低14時間程度の睡眠時間が必要と言われています。

小学校入学から卒業までの間でも、10時間から12時間程度が最低限の睡眠時間と言われています。

子どもの時に十分睡眠をとらないと、睡眠時に分泌される成長ホルモンに異常を来たして、成長の妨げになりますので、子どもの睡眠はとても大切だと言うことを頭に入れておかなければなりません。

つまり、昔から言われているように「寝る子は育つ」のです。

子どもの時にしっかりと睡眠をとらないと、身長などに影響することにもなりますので、子どもの睡眠は十分に確保してください。

大人の最低睡眠時間

中高生から成人以降は、必要な睡眠の最低時間は個々人で違ってゆきます。

これは、遺伝や体質、仕事や環境など、様々な要因が睡眠に関係しているためです。

中高生で部活と勉強を共に頑張る生徒は、睡眠時間は長めになるものです。

しかし、短時間での睡眠でも何の問題もない体質の人は、どんなに忙しい環境に置かれても、一般的に短いと思われる睡眠時間で十分なのです。

このように成人以降では、最低の睡眠時間は各個人それぞれ違い、各個人に合った睡眠をとることが大切なのです。

ただし、睡眠時間が毎日四時間を切る睡眠時間の日々が続くと、体調を崩すと言われていて、睡眠は脳と体を休める時間ということを理解しておく必要があります。

つまり、四時間程度の睡眠では、脳と身体を休めるには不十分と言えるのです。

睡眠は90分周期

人の睡眠は、レム睡眠(浅い睡眠)とノンレム睡眠(深い睡眠)を90分周期で繰り返します。

この周期が崩れていることは、睡眠そのものに問題があります。

この場合、医師に相談するなど、睡眠の周期を正常に戻す必要があります。

つまり、90分の倍数の時間の睡眠さえとれば十分といえます。

一時間半、三時間、四時間半、六時間、七時間半、九時間と、90分倍数の時間は考えられますので、最低でも1時間半の睡眠で十分と考える人もいるかもしれませんが、先述したように、四時間を切る睡眠時間の場合、一般的に体調を崩すと言われていますので、最低でも四時間半の睡眠時間が必要です。

まとめ

大体、7~8時間が一般的な睡眠時間と言われています。

つまり、七時間半の睡眠時間がベストといえます。

しかし、例えば、アインシュタインは一日10時間以上の睡眠をとっていたといわれていて、睡眠に関しては個人差が大きいので、社会に出回っている睡眠に関するアプリで、自分の睡眠の質をチェックして、自身の最低の睡眠時間を経験から判断し、また、アプリに記録される睡眠の周期を分析して、どのくらいの睡眠時間がベストなのかを知ることが大切です。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました