薬局で買える睡眠薬は本当に効くの?

睡眠薬は医師の処方箋がなければ入手することは不可能です。

最近ではネットで秘密裏に取引されているようですが、それは危険極まりないことですので、睡眠薬がほしいという場合はちゃんと病院で診察してもらって、睡眠薬を処方されなければなりません。

とはいえ、薬局に睡眠薬が売っているのです。

果たして薬局で売っている睡眠薬は本当に効くのでしょうか?

⇒ YouTube 動画はこちら

薬局で売っている睡眠薬は?

薬局やドラッグストアで睡眠薬は確か売っていたような気がするが、と誰もが思うことですが、薬局で売られているのは睡眠薬ではなく、睡眠改善薬というものなのです。

この睡眠改善薬というのは医薬品の中でも第二類医薬品に分類されますので、薬局でも売ることができるのです。

薬局で売っている睡眠薬≒睡眠改善薬に関してきちんと理解し、効果的に活用するためにどうしたらいいのか、よく知っておいた方がいいのです。

睡眠改善薬は「抗ヒスタミン薬の催眠作用を強くして、眠気を促進する薬」のことです。

しかし、この睡眠改善薬は眠気を促すと言ってもレム睡眠(浅い眠り)を促すのみで、薬局で売っている睡眠薬を常用すると睡眠の質が落ち、ぐっすりと眠れないと言うことになりかねません。

つまり、薬局で売っている睡眠薬は、「睡眠の質事態を改善する薬ではない」のです。

薬局で売っている睡眠薬(睡眠改善薬)の副作用は?

薬局で売っている睡眠薬は、抗ヒスタミン薬と前述しましたが、抗ヒスタミン薬は風邪薬や鼻炎薬にも含まれていますので、医師の診察を受けて処方される睡眠薬と比較すると、強い副作用が出にくいと考えられています。

しかし、睡眠改善薬を長期間に渡って服用し続けることはオススメできません。

睡眠改善薬は長期間に渡って服用するために作られた薬ではないのです。

また、睡眠改善薬はレム睡眠を誘発させますが、深い眠りであるノンレム睡眠は促しません。

そうすると、睡眠改善薬を長期間服用し続けると、睡眠の質が落ち、ぐっすりと眠れなくなってしまう可能性があります。

睡眠改善薬の主な副作用

  • 日中の強烈な眠気
  • 夢を見ている時間が長い
  • カッとしやすくなる
  • 朝の頭痛が起きやすくなる

などです。

また、薬局で売っている抗ヒスタミン薬の睡眠改善薬は、風邪薬など、同じく抗ヒスタミン薬が含まれている薬と併用すると「作用増強」のリスクが生まれます。

抗ヒスタミン薬が含まれている薬

  • 風邪薬
  • 解熱鎮痛薬
  • アレルギー用薬
  • 乗り物酔い用薬
  • 鼻炎薬

薬局の睡眠薬(睡眠改善薬)の賢い使い方

薬局で売っている睡眠薬は、長期間の服用を想定していませんので、緊急用の一時的に利用する薬と割り切ってください。

それというのも、薬局で売っている睡眠薬は、不眠症状を改善する薬ではなく、レム睡眠を誘発しますので、薬局で売っている睡眠薬は眠りの質を落としてしまうことになるのです。

浅い眠りであるレム睡眠では、脳は半分起きている状態で休んでいません。

脳が休むためには、深い眠りのノンレム睡眠が周期的に繰り返される事が肝要なのです。

つまり、不眠症状がひどい場合は、薬局で売っている睡眠薬を服用するよりも、医師の診断を受けて、睡眠薬を処方され、その睡眠薬を服用することが、睡眠の質を落とすことなく、不眠症状を改善させます。

まとめ

薬局売っている睡眠薬は、真の睡眠薬ではなく、睡眠改善薬という、長期の服用を想定していない抗ヒスタミン薬なのです。

睡眠改善薬はレム睡眠を誘発させるために、睡眠の質を落としかねず、長期の服用は避けるべきです。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました