睡眠中でもカロリーを消費している!?

人間は寝ていてもカロリーを消化します。

とは云っても少量です。

しかし、ちりも積もれば山となるではありませんが、睡眠ダイエットというものがあります。

一体どんなものなのでしょうか。

⇒ YouTube 動画はこちら

睡眠中の消費カロリーは一体どれ位いなのか

睡眠中の消費されるカロリーは一体どれ位いなのでしょうか。

睡眠による消費カロリーですが、睡眠により、体重1~で1分間に消費するカロリーは0.0170カロリーです。それに性別や年齢による補正係数をかけて調整します。

例えば、30代、体重55~の女性が8時間眠った場合、

55(体重)×0.0170(カロリー)×60(分)×8(時間)×0.87(補正係数)=390キロカロリー

となります。

これを元にして自分の睡眠中の消費カロリーが計算できます。

睡眠中のカロリー消費はどのように行われているのか

睡眠中の消費カロリーは、基礎代謝だけで賄われています。

もちろん、寝返りを打つときには生活活動代謝になります。

しかし、何百回と寝返りを打つことはないので、睡眠時の消費カロリーはその大部分が基礎代謝になります。

睡眠時の消費カロリーは基礎代謝ですので、個人差があります。

最も脂肪を熱唱するのは筋肉量が多い人です。筋肉による熱の生産は、基礎代謝全体の4割に上ります。

睡眠中の消費カロリーは、このように筋肉量によって変わってくるのですが、また、寝る前の過ごし方にも影響を受けます。

例えば寝る前に以下のようなことをすると睡眠の消費カロリーは減少してしまい、脂肪を蓄積することになります。

  • 寝る前の3時間以内に夕食を摂る
  • 寝る前にアルコールを飲む(寝酒)
  • 寒い環境で寝る
  • 寝る前に水分を摂らない

以上のことは厳禁です。

睡眠中の消費カロリーを増やすには

運動もせずにできるダイエットなんて、厳しい食事制限があるのでは、と思っているかも知れませんが、ここで紹介するのは生物学的な根拠に基づいたものです。

アメリカ国立衛生研究所は健康な男女31人を対象に、睡眠中の消費カロリーについて研究を行いました。

それは室温を変えて睡眠をとると言うことです。

室温24°Cで寝た場合と19°Cで寝た場合を比較してみたところ、低い方の室温で寝た方が消費カロリーが平均7%も多かったそうです。

それ故に、理論上では、24時間ごとに約100キロカロリーを上乗せして消費すると言うことになります。

睡眠中にダイエット?

当然ですが、睡眠中は何も食べません。

肥満の原因のほとんどが「食べ過ぎ」であるので、この「食べない」時間をどれだけ確保できるかでダイエットの成否の鍵を握っているのです。

必要以上に食べ過ぎると、消費されずに残ってしまう栄養分は身体に蓄積されることになります。それが脂肪なのです。

過食を避けるには、「断食」の時間を長くすることですので、睡眠時間をしっかりととれば、それだけダイエットになるのです。

そして、前述したように筋肉の量により消費カロリーが変わります。

基礎代謝は筋肉量に比例しますので、筋肉を落とすと痩せにくい身体になってしまいます。

これは睡眠中も同じことが言え、筋肉量が多い人は眠っている消費カロリーも高くなります。

睡眠の質とホルモンバランスがダイエットにつながる?

睡眠は深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠を約90分周期で繰り返します。これが質のよい睡眠なのです。

このうちノンレム睡眠中には脂肪燃焼の働きを促す成長ホルモンが分泌されます。

浅い眠りのレム睡眠中は、基礎代謝を行うためのエネルギーを供給するコルチゾールと言うホルモンが分泌します。

ノンレム睡眠とレム睡眠が約90分周期で繰り返されることでホルモンバランスが保たれて、基礎代謝がうまく行われるのです。

ちなみに寝不足の状態ですと、ノンレム睡眠とレム睡眠の周期が崩れ、成長ホルモンとコルチゾールが正常に働かなくなります。

それだけではなく、レプチンという食欲を抑制するホルモンが減少します。そのために、寝不足は、おなかが減っているのかそうでないのか、正常に判断できなくなってしまいます。そうすると結果的に過食となり、脂肪を蓄積することになるのです。

睡眠中のカロリー消費のまとめ

睡眠中にもわずかにカロリーは消費されます。

その計算式に当てはめて自分がどれくらい睡眠中にカロリーを消費しているのか知ることも大切です。

寝る前に食事をとるなど、やってはいけないことがあります。

更に、筋肉量を落とすとカロリーの消費は減少します。ですので、筋肉の量を落とすことなく、しっかりと睡眠をとることが睡眠ダイエットにつながるのです。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

タイトルとURLをコピーしました