熟睡へ誘う睡眠アプリの効果

睡眠をしっかりと取らなければ、次の日の悲惨な状況は誰もが知っていることで、睡眠に関しての悩みを抱えているそんな現代人にとって、睡眠アプリという大変便利なものが登場し、その効果に驚いているさまが、ネットに書き込まれています。

そんな睡眠アプリをここで紹介します。

⇒ YouTube 動画はこちら

世界800万人が愛用する快眠アプリ「Relax Meldies」

世界800万人が愛用する快眠アプリ「Relax Meldies」の画像このアプリは、寝るためにリラックス効果がある音を収録したアプリです。

例えば、風の音、波の音、鳥の声などです。

寝る前に小さな音で効いている内に、知らずに眠っているというアプリなのです。

これに自分の好きな音楽を組み合わせてプレイリストを作ることも可能です。

オフタイマーもありますので、音楽を付けたままで眠ってしまうという心配はご無用です。

何故「Relax Melodies」がこんなに多くの人から支持を得ているかというと、その音の種類の多さです。

40種類以上の自然音や環境音を自由に組み合わせ、自分だけのリラックスサウンドが自在に作れるからなのです。

そうして自分で作ったサウンドは「Favorite」に保存でき、次回からは一発でサウンドが呼び出せる、その扱いやすさがユーザに受け容れられた秘密のようです。

更にアプリを起動すると、星空に並ぶ茶色のタイルが表示され、そのタイルには、それぞれ、雷雨、ピアノ、猫の猫なで声、蛙の鳴き声などが割り当てられ、それをタップすることで音が再生されるのです。

更にピアノをタップすると、心地よい和音が再生され、例えば猫の猫なで声とピアノ音が調和し、ピアノのそばで猫が鳴いているように、いかにもリラックスできる音空間を作り、眠気を誘うというアプリです。

寝る前の簡単ヨガ体験アプリ【寝たまんまヨガ簡単瞑想】

睡眠アプリ「寝たまんまヨガ簡単瞑想」の画像人気のヨガスタジオのインストラクターが、ゆっくりとした解説でヨガをサポートしてくれるアプリです。

20分のプログラムで、自宅でリラックスした状態になれるので、ガイドの解説を最後まで聞き終わる前に、眠りにつくと評判のアプリです。

コンテンツは全部で5つあり、イントロダクション以外は有料なのですが、イントロだけでも十分に眠りに誘うので、多くの人は他の有料の4つのコンテンツを試したくなると言う、人気のアプリなのです。

睡眠状態を記録して自分に合った睡眠方法を見出すには最適な【快眠サイクル時計】

睡眠アプリ「快眠サイクル時計」の画像とても疲れているにもかかわらず、全く眠くならず、また、長時間眠ったにもかかわらず身体が疲れているなど、眠りに関して悩みを抱えている人は実に多いです。

それは、睡眠の質が関係していて、この「快眠サイクル時計」というアプリは睡眠状態を記録するアプリなのです。

このアプリは、スマートフォンを寝床におくだけで、寝床の振動から眠りの質や深さを記録してくれるアプリなのです。

しかし、このアプリを導入したからといって、睡眠の悩みが改善するわけではありませんが、レム睡眠の時に目覚ましアラームを鳴らしてくれるという優れものなのです。

睡眠には浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠が約90分の周期で繰り返され、目覚めに適しているのはレム睡眠時で、レム睡眠は脳が覚醒時に近い状態で活動しているのです。

そして、このアプリはレム睡眠を自然に見出して、目覚ましアラームを鳴らすというアプリなのです。

まずは自分の眠りの周期をしっかりと把握する事が重要

これ以外にも睡眠アブプリは数多くあります。

それのどれを選ぶかは個人の好みや使用目的により違うとは思いますが、音によるリラックスで眠れる状態に誘うアプリと合わせて、睡眠の質を記録するアプリで、一度、自分の眠りの周期をしっかりと把握し、レム睡眠とノンレム睡眠が交互にやってきているのかどうかをチェックする必要があります。

まとめ

眠りを誘うためにリラックスできる音が聞けるというアプリや、寝床の振動を感知して、睡眠の状態を記録するアプリなど、睡眠に関してのアプリは数多くあります。

まず、自身の睡眠の状態を知るために、睡眠状態を記録するアプリで、眠りの質がどうなのか知ることをオススメします。

眠りは約90分間隔で、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返していて、実際に自分の眠りがそうなのかを知ることはとても大切です。

そのためにもアプリを使って、睡眠状態を記録することをオススメします。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました