睡眠薬の副作用は安全なのか?

うつ病など、不眠症で悩んでいる人は医師の診察を受けて睡眠薬を処方されていると思いますが、果たして、睡眠薬は安全なのか今も議論を呼んでいます。

一頃の睡眠薬よりも命の危険性は少なくなったとは言え、睡眠薬には副作用があります。この副作用を嫌って睡眠薬を敬遠する向きもありますが、処置を誤れば、うつ病などによる不眠症は悪化するばかりです。

睡眠薬の長所と短所

睡眠薬の種類は数多く有り、その一つ一つに関して長所と短所をあげることは時間の無駄ですので省きますが、おおざっぱに言って睡眠薬の長所と短所は以下の通りです。

睡眠薬の長所

不眠でどうしても眠れない時に服用すると、とりあえずですが眠ることができます。

また、精神的に情緒不安定になったりしたときに一時的に落ち着かせることができます。

睡眠薬の短所

睡眠薬は依存性がかなり高い薬です。そして、肝臓にかなり負担がかかります。

また、睡眠薬を飲めば飲むほどに脱力感を伴う副作用が強く表れ、精神不安定が増す場合があります。

睡眠薬は、急にやめることができません。そして、睡眠薬を飲んだからといってうつ病や不眠症が根本的に治ると言うことはありません。

そんな睡眠薬は、使えば使うほどに、睡眠薬の服用をやめられなくなります。また、他の薬の飲み合わせで、かなり副作用が出る場合が多くあります。

アメリカで医師が薬物の副作用を暴露する

YouTubeにアップされていますので、知っている人もいるかもしれませんが、アメリカの精神疾患患者に対する薬(睡眠薬や抗うつ剤)をどうやって処方しているのか医師が暴露した動画があります。

それを見る限り、医師も人であり、患者のことを第一に考えているのではなく、単に「ビジネス」として薬を処方し、また、精神疾患患者に仕立て上げていると言うことです。

また、その動画では睡眠薬を服用した人の末路も語られています。

これはアメリカの話ですので、そのまま日本に当てはめることはしてはいけませんが、しかし、次々と新しいうつ病の形態が語られることで、もしかすると日本でも精神疾患患者に仕立て上げられている人がいるのかもしれません。

しかし、そのような場合、すぐに薬をやめることです。例えば、睡眠薬の副作用に依存性が高いという問題がありますが、睡眠薬を服用すると睡眠薬なしには全く寝られないという状態にすらなりかねません。これは、実に恐ろしいことで、睡眠薬が手放せないという人はもう手遅れなのかもしれません。

また、薬物に関する依存性は、覚醒剤などを初めとして、犯罪の温床にもなります。日本各地の病院から睡眠薬や抗うつ剤が盗まれるという事件がたびたび起きていますが、これは、薬物の密売を目的にしたもので、それだけ、薬物の依存から逃れられなくなってしまった人が日本にも存在することを意味しています。

また、睡眠薬は薬の中でも特に依存性が高い薬ですので、できれば飲まないに越したことはないのですが、しかし、不眠症で相当悩んでいる人にとっては睡眠薬は命綱と言っていいほどの薬で、医師の診察に納得した上で、睡眠薬を服用することが求められるのかもしれません。

ともかく、睡眠薬はその服用を一歩間違うとその副作用は一生ついて回るたぐいのもので、特に依存性が高いと言うことは念頭に置いておかなければなりません。

まとめ

不眠症やうつ病でどうしても医師が処方した睡眠薬を飲まなければ睡眠がとれないと言うほどに状態がひどい場合以外、睡眠薬の服用を軽く考えるのは問題があるのかもしれません。

最近は、日常生活が24時間活動できる社会構造になっていますので、夜に寝られず不眠症になってしまう場合が考えられますが、その場合でもなんとか睡眠薬に頼らずに不眠症を改善する悪あがきをしてもよいと思います。

あの手この手を尽くしても不眠症が改善しなければ、最後の手段として医師が処方する睡眠薬に頼るようにすることが現在求められていのかもしれません。

ともかく、睡眠薬の副作用は侮れどれないという言うことを知っておくべきです。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

タイトルとURLをコピーしました