睡眠が浅くてぐっすりと寝た感じがしないとお困りの方へ

睡眠が浅くてぐっすりと寝た感じがしないとお困りの方へ

眠りが浅くてぐっすりと寝た感じがなく、日中だるくてしょうがない、といった睡眠に悩みを抱えている人は現代人の場合、非常に多いと思います。

睡眠グッズなどを買って快眠を求める人が多いと見えて、睡眠に関する市場は年々拡大しているのが現状です。

質のよい眠りとは

眠りが浅いと感じる人はストレスなどにより、深い睡眠であるノンレム睡眠が上手にとれなくなっていることが考えられ、その場合、睡眠のほとんどは眠りの浅いレム睡眠ばかりと言うことになっているはずです。

人間の睡眠は本来ノンレム睡眠とレム睡眠を約90分周期で繰り返しているはずなのです。

ノンレム睡眠は脳を休めるための深い眠りで、このときはほとんど身動きはありませんが、眠りが浅いレム睡眠のときは人間は眼球が動いたり寝返りを打ったりと脳は休んでいないのです。

夢を見るのはレム睡眠時です。

つまり、質がよい眠りとはノンレム睡眠とレム睡眠が約90分周期で繰り返されることが質のよい睡眠と言うことになります。

しかし、過度に疲れていたり、ストレスが必要以上にかかっていたりした場合、ノンレム睡眠はとれずに、眠りが浅いレム睡眠ばかりの睡眠になります。すると、脳は睡眠時に休めずに、寝たのに目覚めても頭がぼうっとしていたり、だるく感じたりと、それは睡眠の質が悪いのが原因なのです。

質のよい眠りをとるには

まず、規則正しい生活を心がけることが質のよい睡眠をとる第一歩です。

不規則な生活をしていると、睡眠の質は悪くなり、レム睡眠ばかりの睡眠へと次第に移行してゆくのです。

また、不規則な生活をしていると睡眠障害になりかねず、そうなるともう、睡眠に関しては疾病となり、専門医の診察を受けなければ、質のよい睡眠は取り戻せなくなってしまうものなのです。

そして、質のよい睡眠をとるには目覚めたならば、光を十分に浴びて、そして日中に軽い運動をすることが大切です。

一日中椅子に座りっぱなしとか、ほとんど歩かずに車を使うなど、現代人の生活は運動をしないようにと「楽」を求めてきましたが、その付けが質の悪い睡眠としてしっぺ返しを受けているのです。

日中はなるべく不便であるべきで、楽を求めてはいけないのです。とは言え、仕事の内容はかつてと違ってパソコンの前に座って一日中過ごすという人が圧倒的だと思います。そういう人は一時間に一回という割合で、軽くストレッチをするとよいでしょう。

また、通勤・通学を自転車で行けるのであれば、なるべく自転車で通勤・通学をし、身体を動かす毎日を送ってください。

日中にほどよい運動をすると、夜になれば自然と眠くなり、直ぐに人間は深い眠りであるノンレム睡眠に移行します。

入眠後の睡眠はノンレム睡眠なのです。このときにうまくノンレム睡眠へと移行できなければ、ずっと眠りは浅いままで、レム睡眠ばかりの質が悪い睡眠に甘んじることになります。

それを避けるのには日中の適度な運動と、ストレスを溜め込まないことが大切になります。

浅い睡眠のまとめ

現代人は過度に疲れていたり、ストレスがかかっていたりして睡眠の質が悪くなっている傾向が強く、睡眠に関する市場は年々拡大を続けていて、睡眠は社会問題とも言える状況です。

睡眠が浅いと感じる人は、その人の眠りの質が悪いためで、その人の眠りは浅い眠りのレム睡眠ばかりの睡眠をとっているからなのです。

人間の睡眠は、深い睡眠のノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠を約90分周期で繰り返すのが基本なのですが、眠りが浅いと感じる人の眠りは大概、ノンレム睡眠がとれていずに、ずっとレム睡眠という状態なのです。

これでは脳を休めるノンレム睡眠がないので脳は休むことなく、疲れっぱなしです。

そんな質の悪い睡眠から抜け出すには、目覚めたならば光を浴びて、日中は適度な運動をし、そして、過度にストレスをため込まず、また過度に疲労しないような規則正しい生活を続けることが、質のよい睡眠をとるには重要なのです。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

タイトルとURLをコピーしました