睡眠の質を高めるポイントはこれ!

睡眠の質を高めるポイントはこれ!

睡眠時間は十分なのに朝目覚めても、だるくて仕方がなく全く寝た気がしないとか、寝覚めたばかかりにもかかわらず、ぐったりと疲れていたり、また、睡眠の質が悪いというしかないひどい目覚めの経験は誰しもあることなのではないでしょうか。

ここでは、睡眠の質にこだわりいかに質の高い睡眠がとれるかと言ったそのコツなどを紹介します。

睡眠の仕組み

睡眠とは果たして何であるのかご存じの人は多いのかも知れませんが、そもそも何故、睡眠はとらなければならないのか疑問に思ったことがあるという人は多いはずです。

睡眠をとらない、つまり、寝ないと何日か後には死んでしまうとも言われています。

睡眠とは、「起きている間に脳内で作られる毒素(脳内物質)を脳内から排除し、頭をすっきりとさせるため」 とも言われていますが、人間は、睡眠時に記憶の整理を行っていて、夢を見ると言うことでそれが促進されるとも言われています。

睡眠には二種類、レム睡眠と非レム睡眠がある

睡眠に二種類あることは有名ですが、これは、脳と身体を交互に休めていることを意味します。

これは約90分周期でやってきて、人間は、なるべく7~8時間の睡眠をとるのが理想と言われています。

睡眠によって、記憶の整理をし、そして、脳内物質を正常に整え、しかも、体を休めるというのが睡眠の仕組みです。

睡眠の質が高いという場合、約90分間隔で訪れるレム睡眠と非レム睡眠の二種類の睡眠パターンで睡眠がとれれば朝の目覚めはすっきり爽快なはずなのです。

睡眠パターンがおかしい!

睡眠時、トイレに何度も起きてしまうと言ったことなど、睡眠を約90分周期でレム睡眠と非レム睡眠が交互に訪れるのを妨げたりすると、目覚めが悪いです。

そして、この約90分周期に異常を来すと、人間は脳が疲れているか、もしくは身体に疲労感が残っているかのどちらかに陥ってしまいます。

また、寝る前に最近ではスマートフォンをいじっていたり、また、テレビを見ていたりした場合は、寝付きが悪く、睡眠パターンが崩れる原因になります。

 

質の高い睡眠を求めるならば、約90分周期で訪れる睡眠の周期を崩さないことに限ります。

そのためには、寝る前には、テレビを見たり、パソコンをいじったり、スマートフォンをいじって脳をことさら覚醒させると言うことは禁物なのです。

寝る前は、リラックスして過ごし、明かりも薄暗い中で体を自然と寝る体制に持ってゆくことが必要です。

 

お風呂は温めのお湯で、決して熱い温度のお湯につかるのは禁物です。こうして、寝る準備をした後でなければ、質の高い睡眠は期待できません。

 

最近では睡眠グッズがたくさん出ていますが、それらは少しは睡眠の助けになるかも知れませんが、質の高い睡眠を確実なものにするかと言えば、寝る本人が、睡眠をとる体制に入らなければ、いくら睡眠グッズを買い求めたところで、相変わらず質が悪い睡眠に終始します。

また、「不夜城」と言われる現代社会のあり方も睡眠の障害になります。

 

規則正しい生活が送れなければ、質の高い睡眠はとれないのが実情です。しかし、現代社会では、規則正しく寝ることができる人は少数派で、夜勤やシフト体制の勤務など、そもそもが規則正しい睡眠をとれなくしています。

しかし、仕事などでどうしても規則正しい睡眠がとれないという人は、少ない睡眠時間でも約90分周期の睡眠パターンをしっかりととれば、それは睡眠時間が少なくてもぐっすりと眠ったと朝の目覚めは大変爽快なのです。

何はともあれ、睡眠は約90分の周期があると言うことを頭間に入れておいて、寝不足ガチでストレスに晒される現代社会の中、少ない睡眠時間でも90分周期が守られれば、朝の目覚めはすっきりと爽快なのです。

まとめ

ストレスに晒され、不規則な生活を送らざるを得ない現代社会の中で、睡眠に関して、何らかの問題を持っているという人は調査によれば多数派で、誰しも、睡眠に関して何かしらの障害を抱えているのが現代社会です。

これはもう変えることは不可能です。

こんな現代社会で、規則正しく、7~8時間の理想的な睡眠をとれるという人は少なく、誰しも、睡眠時間を削ってでも仕事を優先させるこの現代社会で、質の高い睡眠を望むのであれば、少ない睡眠時間でもぐっすりと深い眠りを心がけるべきです。

それは、睡眠は約90分周期で脳を休める睡眠と体を休める睡眠が交互にやってくると言うことを頭の片隅にでも入れておいて、睡眠時間を90分で割れる例えば3時間、4時間30分、6時間などの睡眠時間を確保してください。

そうすれば、睡眠時間が短くともぐっすりと眠り、目覚めもすっきりなはずです。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました