睡眠薬とアルコールの組み合わせは非常に危険

睡眠薬とアルコールを併用すると、相乗効果により、日常生活に支障を来す危険な状態をもたらしかねないのです。

それはアルコールによって睡眠薬が効き過ぎてしまうからです。

特に、夜中に転倒したり、アルコール摂取後に記憶を喪失したり、日中に眠気がひどくなったりと、危険極まりありません。

⇒ YouTube 動画はこちら

睡眠薬とアルコールを併用してはいけない理由

睡眠薬とアルコールを併用すると「睡眠薬の効能が余りにも効き過ぎて、日常生活にさまざまな悪影響を及ぼす」可能性が高いのです。

睡眠薬とアルコールを併用すれば、確かに眠くなりますが、睡眠薬の効果が強くなり過ぎるので、例えば夜中に目が覚めて起き上がったときに転倒したり、睡眠薬の効果が日中まで効いていたりと、日常生活に悪影響をもたらすのです。

アルコールによって睡眠薬が効き過ぎる理由

脳の活動が抑えられすぎる

睡眠薬とアルコールは、ともに脳の活動を抑えることで眠気を誘います。

このために、睡眠薬とアルコールを同時に摂取すると、脳の活動が思いの外に抑制されて、不活発になり、このために、摂取後、記憶が飛んだり、夜中に転倒するといったリスクがあります。

肝臓に薬が残る

睡眠薬もアルコールも、肝臓で分解され体外に排出されるのですが、肝臓は睡眠薬よりも先にアルコールを分解排出します。

このため、アルコールの分解のために、睡眠薬の成分は肝臓に残る時間が長くなり、睡眠薬の効能が日中まで効き過ぎるようになるのです。

睡眠薬とアルコールの併用の危険性

睡眠薬とアルコールの組み合わせは、日常生活にリスクと悪影響を及ぼします。

リスクに関しては前述の通りですが、悪影響は、

  • 睡眠薬服用後の記憶喪失、錯乱
  • 呼吸抑制(呼吸するための機能が抑制されます)
  • 夜中に起床したときの転倒の危険性
  • 次の日の日中の異常な眠気
  • 車を運転中に意識障害が起こる
  • 昏睡状態

以上のように、睡眠薬とアルコールの併用は、唯単に翌日に睡眠薬の効果が持続するばかりでなく、呼吸抑制や昏睡状態、そして、最近とみにその危険性が問われることになっている、車の運転中の意識障害など、命に関係するリスクが潜んでいるのです。

以上の点から、睡眠薬を服用している人のアルコール摂取は厳禁なのです。

それでもアルコールが呑みたいという人は

命の危険があっても、それでもアルコールが欲しいという場合は、ノンアルコールのビールを飲むことで我慢する他ありません。

これまで縷々述べてきたように、睡眠薬とアルコールの併用は、日常生活に支障を来すばかりでなく、時に命の危険すら招く非常に危険なことで、睡眠薬を服用する場合はアルコールは厳禁なのです。

これは、何も睡眠薬を服用している本人ばかりの問題ではありません。

車の運転中に意識障害が起きた場合の危険性は、現在、とても大きな社会問題と化していて、睡眠薬とアルコールの併用が、その一因となっていることを肝に銘じて、睡眠薬を服用している場合、絶対にアルコール摂取することはやめてください。

「睡眠薬とアルコールの組み合わせは非常に危険」のまとめ

睡眠薬とアルコールは併用すると、相乗効果で睡眠薬が効き過ぎてしまい、それは日常生活に支障を来し、また、命の危険すらもたらすのです。

唯単に睡眠薬が効き過ぎて日中に眠気が襲うと言うことで終われば、それほどリスクがあるとは思わないかも知れませんが、睡眠薬とアルコールの併用は意識の混濁や呼吸抑制、昏睡状態など、いづれも命の危険すらある状態を招くのです。

つまり、睡眠薬を服用している場合、アルコールは厳禁なのです。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました