レム睡眠の時間が長い人は要注意

レム睡眠の時間が長い人は要注意

眠りは二種類あり、一つは浅い眠りのレム睡眠、もう一つは深い眠りのノンレム睡眠(非レム睡眠)です。

レム睡眠は、Rapid Eye Movementの頭文字をとっての名前で、英語のままの、睡眠時に眼球が急速に動く事から、レム睡眠と言われています。

⇒ YouTube 動画はこちら

レム睡眠とノンレム睡眠は90分周期で繰り返す

人間の睡眠はノンレム睡眠を経てレム睡眠に入るまでを睡眠単位と呼んでいます。

このような睡眠をとるのは人間のみと言われていて、他のほ乳類ではレム睡眠がほとんどで、つまり、常に外敵を警戒する眠りしかできないのです。

その点、人間は、ぐっすりと熟睡できる環境があり、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返して寝られるといわれています。

そして、このレム睡眠とノンレム睡眠は約90分の周期で繰り返されます。すっきりと目覚めたいと言うときはレム睡眠の時に目覚めるとすっきりと目覚められます。

ただし、人間もストレスの負荷が強いとか抑うつ状態にある場合、その時は睡眠が全く乱れたものとなり、そして、その眠りはレム睡眠ばかりと言うこともあるのです。

これでは、寝ても寝た気が全くせずに、目覚めたときに既にぐったりとしているという状態にあります。

ノンレム睡眠があっても非常に短いと、脳が休まることはなく、寝たからといって、その睡眠には深い睡眠がなく、眠りが浅いレム睡眠のみの大概悪夢を見ていて、その悪夢をはっきりと覚えています。

夢を見るのはレム睡眠時と言われていて、つまり、夢を何度も見ていることを目覚めてもはっきりと覚えている場合は、要注意で、それはレム睡眠が長くなってしまった状況なのかも知れないのです。

睡眠の周期を知る

現在、アプリで睡眠を記録できますので、自身の睡眠を記録してよくよく分析するのをオススメします。

それらのアプリは、レム睡眠時に身体が動くことを感知することでレム睡眠とノンレム睡眠を記録するというもので、そのようなアプリでもはっきりとレム睡眠とノンレム睡眠の周期が解ります。

その中で、レム睡眠が長いという人は、熟睡していない可能性がありますので、目覚めても寝た気が全くせずに、日中に抗いがたい眠気に襲われたりするなど、日常生活に影響が出ている場合は、早めに医師の診察を受けて、睡眠を正常な状態に戻すため、睡眠薬の服用をオススメします。

現代はストレス社会と言われていて、不眠に陥る可能性がかつてよりも増していて、睡眠障害に陥った場合、それは、寝たとしてもうたた寝状態、つまり、レム睡眠のみで、脳が全く休まない状態で、そうなると日常生活に支障を来す状態に陥っているはずです。

レム睡眠は、ノンレム睡眠あってのもので、ノンレム睡眠がない眠りは、つまり、レム睡眠のみの睡眠は人を疲弊させます。

これは既に睡眠障害で、直ちに睡眠の質を正常に戻さなければ、身体が持ちません。

レム睡眠をいくら長くとったとしてもそれでは休息した事にはならず、日々、疲労困憊した状態なのです。

そうなると睡眠障害の状態は重篤と言わざるを得ず、精神状態も疲弊しているはずで、そうなる前に医師の診察を受けて睡眠薬を服用することで睡眠を正常に戻す事をするべきなのです。

まとめ

動物の中でレム睡眠とノンレム睡眠の二種類あるのは人間のみと言われています。野生動物は外敵に対して常に警戒していなければならず、それはレム睡眠のみなのです。

その点、人間は、ぐっすりと熟睡するノンレム睡眠があり、このレム睡眠とノンレム睡眠は90分の周期で繰り返していて、これが正常なのです。

中には、精神状態が不安定な場合や、ストレスが過剰にかかっている場合など、睡眠が上手くとれず、寝られたとしてもレム睡眠のみの浅い眠りのみで、脳が休まる時がないので、そのような状況ですと、一日中疲弊しているのです。

そうなる前に、睡眠が上手くとれないという人は医師の診察を受けて睡眠薬の服用で、睡眠を正常なものに戻さなければ、身体が持ちません。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました