睡眠不足解消法を直ぐにでも始めましょう

現代人は睡眠不足が慢性化していて、その眠りの質は草食動物のそれに近く、つまり、いつ敵が襲ってくるのか解らないために、ものすごく浅い眠りでしか眠れなくなっているのかも知れません。

一日に7~8時間の睡眠が推奨されていますが、ほとんどの人は6時間ほどではないかと思います。

⇒ YouTube 動画はこちら

睡眠不足は万病の元

睡眠不足はいいことが何にもなく、万病の元といえます。

まず、免疫力が低下し、万病の元と言われる風邪にかかりやすくなります。また、睡眠不足は肥満を誘発しますので、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなります。

また、睡眠不足はがんにもかかりやすくなります。そして、大規模な調査結果解ったことは睡眠不足は寿命を縮めると言うことです。

睡眠不足解消の為にカフェインは朝にしか摂らない

コーヒーが大好きという人は、夜中でもコーヒーを飲んでいる人もいるかも知れませんが、質のいい睡眠を取るには、カフェインは朝だけ摂るようにしてください。

この習慣を守るのであれば、夜には自然に眠くなり、快適な睡眠がとれるはずです。

睡眠の研究者の言によれば「カフェインの効果の半減期は6時間で、つまり、午前8時にコーヒーを一杯飲めば、午後8時にはまだ、25%のカフェインが体内に残っている」と言います。

つまり、午後に飲んだコーヒーに含まれているカフェインは、50%もまだ体内に残っていることになります。

すると誰もが予想できるとおり、眠るのが難しくなります。

睡眠不足を解消するには、カフェインは午前中にのみ摂ることをオススメします。

睡眠不足解消の為に夜はモバイル端末を使わない

薄暗い寝室で、スマートフォンのスクリーンを見入るなども、睡眠の妨げになります。

ノートパソコンやタブレット端末、携帯電話は、短波長のブルーライトを放っていて、このブルーライトが曲者で、眠りを誘うホルモンの、メラトニンの生成を妨げることが知られています。

快眠を欲しているならば、夕食後にはこれらの端末を使わないことをオススメします。

とは言え、現代人の生活の中で、スマホを夕食後見ないなど考えられません。

ですので、寝る前は、スマホなどの端末を使うのはなるべく控えると言うことで、睡眠不足を少しでも解消してください。

また、ブルーライトの放出を抑制する、フィルターやアプリもありますので、それを使うことをオススメします。

睡眠不足解消の為に決まった時間に起きる

決まったスケジュールを守ることは、睡眠にとって非常に大切なのです。

起床ということに関して言えば、特に決まった時間に起きると言うことは非常に大切なのです。

毎日同じ時間に起きると、大体起床の1時間前に、ホルモン値や体温、血圧などを徐々に上昇させて脳が起床に備えます。

逆に、毎日同じ時間に起きないと、脳が混乱し、いつ起床の準備をすればいいのか解らなくなるのです。

休日でも平日と同じ時間に起床してください。

休みだからと朝遅くまで寝ているというのは、睡眠不足解消には逆効果なのです。

睡眠不足解消の為に睡眠薬を使用しない

単刀直入に言えば、睡眠薬は有害です。

脳の自然な睡眠過程に干渉するあらゆるものは、睡眠の質に悪い結果しかもたらさないのです。

それがアルコールでもよくないのです。

脳の自然過程に作用するものは、全て有害だと看做してください。

しかし、お酒は百薬の長とも言いますので、ほどほどに飲む分には健康的と言えます。

しかし、飲み過ぎは身体にいいわけがありません。

睡眠不足を解消するには、お酒はほどほどに、そして、睡眠薬に頼らずに自然に眠ることを心がけてください。

睡眠不足解消の為に昼寝をする

昼食後に眠くなるのは生物学的に自然なことで、午後1時から3時の間に、メラトニンの量が増え始めます。

前日十分に睡眠を取っていれば、この眠気に対抗できるのですが、睡眠不足の場合は、この眠気に勝てるはずはなく、ここは抵抗せずに10分ほど昼寝をすることをオススメします。

睡眠不足解消の為のまとめ

睡眠不足を解消するには規則正しい生活をし、カフェインは午前中にのみ摂るなど、日常生活で気をつければ睡眠不足の解消法はあるのです。

最も避けなければならないのは、眠れないからと言って安易に睡眠薬に頼ることです。

睡眠薬はどんな薬であってもそれは有害なのです。また、寝酒も余り勧められません。

また、モバイル端末を寝るまで使用することは非健康的ですので、夕食後にはなるべく使わないようにしてください。

とは言え、現代社会ではもう一時もスマホを手放せないという人が多いと思います。

そんな人は、ブルーライトを抑制するフィルターやアプリを使用して、睡眠不足の解消に努めてください。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました