睡眠不足による吐き気は危険の兆候?直ぐにできる対処法

睡眠不足になると、脳と身体は休むのに不十分で、さまざまな症状が現れます。

その中で吐き気もその一つで、これが睡眠不足だから、と侮れないのです。

この症状は睡眠不足による疲労が蓄積していて、吐き気の症状をもたらします。

⇒ YouTube 動画はこちら

睡眠不足による吐き気の原因は?

睡眠の重要なところは、脳と身体を休める事にあります。

しかし、睡眠不足が慢性化して毎日が疲労しているといった人は、吐き気に悩まされているに違いありません。

吐き気は、脳と身体が休息を求めているのです。

睡眠不足による吐き気の原因は、言わずもがなですが、睡眠不足がその原因です。

また、睡眠の質が悪いといくら7~9時間寝ていても脳と身体はしっかりと休めずに疲労が蓄積し、それが吐き気となって表れます。

睡眠不足による症状

睡眠不足が重なって慢性的な民族が日本人とも言えるほどに、日本人の睡眠時間は世界の中で驚くほどに短いのです。

そんな人々が慢性的な睡眠不足に陥るのは、非常に簡単で、仕事の場合もあったり、パソコン、スマートフォンに夢中になっていて、ついつい夜更かししてしまうなど、現代社会は夜更かしするには誘惑が多すぎるのです。

そんな睡眠不足ですが、さまざまな症状を引き起こします。

吐き気の他には、、目まい、下痢や腹痛、胃痛、寒気や動悸、立ちくらみ、疲労、貧血、ストレスなどどれも誰もが一度は経験したことがあるのではないかと思う症状が、睡眠不足によって起こるのです。

上記のような症状が出た場合は、かなりの睡眠不足と言えますので、しっかりと睡眠を取って、脳と身体を休める様に心掛けて下さい。

質が悪い睡眠

人間の睡眠は、浅い眠りのレム睡眠と深い睡眠のノンレム睡眠が、約90分周期で繰り返されて、7~9時間の睡眠が最もよいと言われています。

しかし、深い眠りのノンレム睡眠の時間が短く、睡眠の質が悪いと、脳が休めずに次第に記憶力の低下を招くことになります。

しかも、この事に本人は全く気付いていない場合がほとんどで、眠れば眠るほどに疲労が溜まるという人は、要注意です。

睡眠不足は重大な病気を招く

睡眠不足の吐き気を放っておくと、危険な状況に陥ると言うことを知っておいてください。

睡眠不足が慢性的な人は、「高血圧、糖尿病、肥満、癌」などの生活習慣病にかかりやすくなり、命の危険を招くリスクが高まるのです。

また、睡眠不足はそれだけでストレスになり、ストレスから胃腸の調子を崩したり、気分が不安定になり、うつ病になったりするなど、睡眠不足が人間にいいわけがありません。

しかし、現在、早寝早起きをして、朝早く一仕事を行うという人が増加傾向にあります。

これは、健康的で、また、仕事の能率も捗るなど、いいことづくめです。

睡眠不足の回らない疲労した頭で仕事をする非効率な状況と、早寝早起きをして爽快な中での仕事ではその能率は違うのは当然です。

まとめ

睡眠不足は、吐き気などの症状となって、脳と身体が疲労困憊しているというサインを示すのですが、「高が睡眠不足」と、軽く考えている人が余りにも多いように思います。

また、睡眠時間の短さを自慢しているような風潮もあり、日本人の睡眠時間は絶望的に短いのです。

その睡眠不足は吐き気を催すなど、さまざまな症状をもたらします。

その時に睡眠をしっかりと取れば、大病になることはないのですが、睡眠不足が慢性的に続くと、命のリスクが高まるのです。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました