睡眠不足は太る原因!

睡眠不足が太る原因と言うことを耳にしたことがある人は少なくないと思います。その理由はいろいろとありますが、特にホルモンの分泌が異常を来すことが知られています。

ホルモンの分泌は夜中の12時から午前2時までがそのピークを迎えます。睡眠不足は、その中でグレリンというホルモンを分泌させるのです。

睡眠不足が太る原因とは?

睡眠不足が太る原因はホルモンの分泌がバランスを欠くのです。中でもよく知られているのが食欲を促進するグレリンというホルモンが分泌されてしまうのです。夜中に食欲の赴くままに食べ物を食べてしまうことが、太る悪循環の始まりなのです。

夜中にカロリーをとってしまうと、朝、起きたときに体が重く、食欲がなく、朝食を抜くことになります。唯でさえ、睡眠不足でグレリンというホルモンの分泌が食欲を促進しているのに、このように食生活が乱れると、後は、太るだけという結果が誰の目にもはっきりとしています。

そして、この状況でダイエットをしようとすると、太るサイクルにすっぽりとはまってしまうのです。ダイエットで一時的に体重は落とせても、リバウンドが必ずあり、そのリバウンドも余りよくないリバウンドなのです。

また、睡眠不足ですと筋肉が減ってしまうというデータがあり、基礎体力の源である筋肉が減るとダイエットが仮に成功したとしても筋肉が減っているので、脂肪が付きやすい体質へと体が変わってしまうのです。このために、ダイエットのリバウンドは減った筋肉分も含めて脂肪が付きますので、ダイエットを繰り返していると最早やせることができなくなってしまいます。

まずは寝不足の解消

太る体質から再び筋肉質の身体へと変身させるには、適度な運動と寝不足を解消することが第一です。

しかし、現代生活では、何かと寝不足がちになるものがそろっています。例えば、スマートフォンなどを寝る前までいじっていたり、テレビを見ていたりすると脳は活性化したままで、直ぐに眠りにつくことは難しいのです。

脳が活性化したところへグレリンというホルモンの分泌です。食欲が注がれないはずがないのです。寝不足はどっちを向いても太る要素ばかりなのです。

まず、この悪循環を断ち切るのは、寝不足の解消なのですが、仕事で起きていなければならない場合は、どうしても睡眠不足は解消できません。この場合、夜中に食べるのをやめることでまず、太る悪循環を断ち切るのは夜中に食べることをやめて、自分の意思の力で悪循環を断ち切ることが重要なのです。

夜中におなかがすくはずですが、それを我慢するのです。太る体質をやせる体質へと変える第一歩が、この夜中に食べることを断ち切ることです。グレリンが分泌されていて、食べ物が欲しくて仕方がないと思いますが、常に寝不足状態にある人は、夜中に食べないとはっきりとさせることが肝要です。これをしっかりと行わなければ、太る悪循環を断ち切ることはできないのです。

酷なようですが、夜中はぐっすりと寝て、夜中に食べる事をやめることに限ります。そして、規則的な生活が一番いいのです。

まとめ

睡眠不足は太る体質へとまっしぐらな端緒なのです。

まず、睡眠不足ではグレリンという食欲を促進するホルモンが分泌され、夜中におなかがすいて、結果として食べてしまいます。

そして、睡眠不足は筋肉を減少させるといわれ、寝不足でのダイエットは太る体質へと至る悪循環です。

寝不足はなるべくせずに、ぐっすりと眠ることが肝要で、仮に寝不足状態でも働かなければならない場合は、夜中には食べないという固い意志をもって悪循環に陥ることを断ち切るしかありません。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました