睡眠薬の種類と効き方

睡眠薬は、心理的葛藤、緊張、不安、焦燥感などのさまざまな原因によって引き起こされる「眠れない苦痛や悩み」を主訴する睡眠障害を治療する薬の事です。

現在、睡眠障害の改善のために処方される睡眠薬は、ほとんどがベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬です。

副作用が比較的軽いという特徴があります。

⇒ YouTube 動画はこちら

ベンゾジアゼピン系の特徴

ベンゾジアゼピン系は、副作用が比較的軽いということ以外に、睡眠薬を処方するときに最も懸念される大量服用による致死性がなく、薬物相互作用や耐性や依存性が生じにくいという、それまで主流だったバルビツール酸系睡眠薬と、非バルビツール酸系睡眠薬の欠点を補う優れた特徴を持っていて、また、安全性が高いと言う事で、現在、主流の睡眠薬となっています。

その他には、呼吸器系や循環器系の抑制作用が弱いという事も、よく処方される理由となっています。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の効能

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、マイナートランキライザー(緩和な精神安定剤)とも呼ばれ、抗不安薬と同じ分類になる薬です。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の作用機序は「中枢神経(主として大脳辺縁系)の活動を抑制するGAGB(アミノ酸の一種)という神経伝達物質の働きをよくして、リラックスした状態を作り出し睡眠効果を生む」という事です。

睡眠薬を処方する場合は、患者の睡眠のパターンを知り、どのような形で不眠の症状が現れているのかをしっかりと把握した上で、適切な処方を行う事が大切です。

睡眠薬の血中濃度半減期

睡眠薬の血中濃度半減期(生物学的半減期)は、睡眠薬に限らずに薬を飲むと、薬が血中に溶け込んでそれが脳内(他の薬では身体内部の各器官・組織)に送り届けられる事で鎮静作用(他の薬では諸作用)が働き、眠気を引き起こすのですが、血液中の薬物の濃度は時間の経過とともに減って行きます。

ここで、薬の効き目が弱くなる時点で、血液中の薬の濃度が半分になる時間を血中濃度半減期と呼びます。

体内に残留しない通常の薬では、半減期以降は薬の効き方が弱くなり、最後には作用が消えるのが一般的です。

生物学的半減期は重要な作用持続時間の指標となりますので、とくに、症状に見合った睡眠薬を選ぶ場合には、それぞれ睡眠薬の作用時間を考慮することが大切です。

つまり、寝ようとしてもなかなか寝付けない人には、半減期の早い短時間作用型の睡眠薬を処方したり、眠りが浅くて眠っている途中で何度も目が覚めてしまう人には、半減期の長い中時間~長時間型の睡眠薬を処方するなどして、不眠の症状に合わせた薬の使い分けを行います。

睡眠薬の種類

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の一覧

一般名……トリアゾラム
商品名……
作用時間……超短時間型

一般名……ブロチゾラム
商品名……
作用時間……短時間型

一般名……エチゾラム
商品名……デパス
作用時間……短時間型

一般名……ロルメタゼパム
商品名……エバミール
作用時間……短時間型

一般名……エンサンリルマザホン
商品名……リスミー
作用時間……短時間型

一般名……ニトラゼパム
商品名……ベンザリン、ネルボン
作用時間……中時間型

一般名……ニメタゼパム
商品名……エミリン
作用時間……中時間型

一般名……エスタゾラム
商品名……ユーロジン
作用時間……中時間型

一般名……フルニトラゼパム
商品名……ロヒプノール、サイレース
作用時間……中時間型

一般名……塩酸フルラゼパム
商品名……ベノジール、ダルメート
作用時間……長時間型

一般名……ハロキサゾラム
商品名……ソメリン
作用時間……長時間型

一般名……クアゼパム
商品名……ドラール
作用時間……長時間型

一般名……ゾルピデム
商品名……
作用時間……超短時間型・非ベンゾジアゼピン系

一般名……ゾピクロン
商品名……アモバン
作用時間……短時間型・非ベンゾジアゼピン系

バルビツール酸系睡眠薬の一覧

一般名……ヘキソバルビタール
商品名……チクロパン
作用時間……短時間型

一般名……ペントバルビタール
商品名……ラボナ
作用時間……短時間型

一般名……アモバルビタール
商品名……イソミタール
作用時間……中時間型

一般名……バルビタール
商品名……イソミタール
作用時間……中時間型

一般名……フェノバルビタール
商品名……フィノバール
作用時間……長時間型

一般名……ブロムワレリル尿素
商品名……ブロバリン
作用時間……短時間型

以上です。

まとめ

睡眠障害に対して治療する薬として睡眠薬がありますが、現在、その種類は多岐に渡り、作用時間もさまざまです。

上記に一覧を記したそれらの睡眠薬は、現在、主に使われている睡眠薬で、大量に服用しても致死に至らないという安全性に優れています。

また、呼吸器系や循環器系の抑制作用が弱いと言う事も、主に使われている理由です。

作用時間の長中短を上手く組み合わせて、各人各様の睡眠障害に適した処方が行われる事が肝要です。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました