睡眠不足による頭痛を解消するには?

慢性的な睡眠不足の状態にある人は、決して少なくないと思われますが、睡眠は人間が普通の生活を送るには必要不可欠なもので、睡眠不足が日常生活において悪影響を与えていることを自覚している人も多いはずです。

その第一に睡眠不足による頭痛があります。

⇒ YouTube 動画はこちら

睡眠不足と頭痛の関係は?

現在、日本は長時間労働の割には生産性が低いと言うことで問題となっていますが、元来仕事好きと思われる日本人は、睡眠時間を削ってまで仕事にのめり込む人も少なくないように思います。

そうでなければ、こんなに「職人」が多い国というのも珍しいのではないかと思うのです。

そんな日本人は、睡眠不足が様々な悪影響を日常生活に及ぼしていることは自覚している人も多いはずですが、今一度それを振り返ると、、日中の激しい眠気、脳の働きの低下、たとえば、思考力や集中力の欠如などその症状は多岐にわたります。

また、睡眠不足を続けてゆくと、心疾患やがんのリスクが高まることも知られていて、睡眠不足は命の危険性が高まると言うことも自覚しなければなりません。

そのなかで、頭痛を特にここでは取り上げますが、睡眠不足で頭痛になるのは、血管の伸縮がうまくできずに、急激に血管は伸縮するために、脳内の血管が激しく膨張と収縮を繰り返すことで、頭痛となって現れます。

睡眠不足による頭痛は危険の予兆?

睡眠をとるのは、心身の回復です。

脳と体は覚醒時にストレスにさらされたりして疲労します。

それを回復させるためにも睡眠は大変重要なのですが、睡眠に対して否定的な考えを持っている人も中にはいて、睡眠時間が短いことが何か良い事のように睡眠時間の短さを自慢する人がいますが、それは、決して褒められるものではありません。

ただでさえ、現代社会は睡眠不足になる誘惑が日常生活の中にごろごろと転がっていて、睡眠を意識的にとらなければ、睡眠不足になるのが自然の成り行きというのが現代社会です。

そこで、睡眠不足による頭痛ですが、それは、心身の回復が十全に行われていないというシグナルです。

つまり、脳と体の回復間がしっかりと行われていない、と言うことを頭痛は表しているのです。

睡眠不足による頭痛の解消は?

睡眠不足が招く血行不良により起こる頭痛の解消法ですが、まずはしっかりと寝ることです。

しかし、これは現代社会では難しくなっているのも事実で、ではどうすればいいかと言えば、なるべく長く睡眠時間を確保しながら質のよい睡眠をとることです。

質のよい睡眠とはどんな睡眠かというと、深い眠りであるノンレム睡眠と、浅い眠りであるレム睡眠が、約90分周期で繰り返されるというのがよい睡眠なのです。

現在では、スマートフォンのアプリとウェラブル端末により、自分で自分の睡眠の質を調べられるアプリがたくさん出ていますので、それらを利用して自分の睡眠が質のよい睡眠かどうかを判断してください。

90分周期でノンレム睡眠とレム睡眠が繰り返していることがはっきりとわかる場合は、質がよい睡眠といえ、その場合、多少睡眠不足であっても問題はないと思われます。

問題なのは、ノンレム睡眠が短くなっているか、曖昧になっている睡眠なのです。

これは悪い睡眠で、脳が休めず回復していません。つまり、起きたばかりですでに脳は疲れているのです。

この場合、放っておくと睡眠不足症候群など睡眠障害になる可能性が高まります。

このような質が悪く睡眠不足の場合の頭痛の解消法ですが、

  • 温かいタオルで首筋を温める。
  • 枕の高さを少し低めにする。
  • 寝る1~2時間前に38℃~40℃の温めのお湯で入浴する。
  • ストレッチをする。
  • 寝る前にパソコンやスマートフォンを見ない。

などがあります。

その他にも食事をきちんととるとか、ツボを刺激するとか、睡眠不足による頭痛の解消に役立つことはあります。

しかし、これらのことは、本人が睡眠不足であることを自覚しているか、または、睡眠不足を解消しようと望んでいるのかにより、睡眠不足による頭痛の解消は見込めず、頭痛もまた睡眠不足と同様に慢性化します。

それは危険な兆候ですので、睡眠不足により頭痛が続く場合は、一度、睡眠外来を受診することをオススメします。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました