睡眠不足は太る原因になる

「睡眠不足はダイエットの天敵」という言葉ですが、ダイエットを行ったことがある人にとっては一度は耳にした言葉だと思います。

それでは何故、睡眠不足がダイエットの天敵、つまり、太る原因になるのでしょうか。

それについて探ってゆきたいと思います。

データによる睡眠不足が太るという根拠

看護師を対象に睡眠時間と体重増加の調査結果を調べたデータが存在し、それを見ますと、睡眠時間が最も少ない5時間睡眠のグループが、6時間以上眠っているグループに比べて総じて体重が重く、また、年齢を経るごとに体重が増加していることを示しています。

このデータが示していることは、睡眠時間が少ないと言うことだけで体重が重くなってしまうと言うことを端的に示しているのです。つまり、睡眠不足はそれだけで太る原因になるのです。

そして、このデータから解るのは、睡眠時間は最低でも6時間取ることが重要と言うことも示しているのです。

睡眠不足が太る原因

睡眠不足が太る原因として次の2つが考えられています。

  • 摂取カロリーの増加を招く
  • 消費カロリーが低下する

どうして睡眠不足で摂取カロリーと消費カロリーの変化が起きるのかというと、睡眠不足ですと食欲をコントロールするホルモンの異常分泌が起こるからなのです。

人間の食欲や代謝を司るホルモンは「レプチン」と「グレリン」などがあります。

レプチンは、脂肪細胞が体内に増えると脳に働きかけて食欲を抑えてエネルギー消費を増やす働きをし、グレリンは脳の視床下部に食欲増進と血糖値上昇の指令を発するホルモンなのです。

つまり、グレリンの分泌量が増加するとカロリー摂取量が増え、肥満につながるのです。

米スタンフォード大学などの研究によれば、1日の睡眠が5時間の人は睡眠時間が8時間の人に比べて血中のグレリンが14.9%も多く、レプチンは反対に15.5%少ないという結果を得ています。

つまり、睡眠不足はそれだけで太る要素満載なのです。

体の危機管理能力が機能する

睡眠不足はいわば、正常な状態ではありません。

このような場合、私たちの体は「生命の危機」を感じて体に脂肪を蓄えようとします。

急激なダイエットはリバウンドしやすくなるといいますが、これは体の危機管理能力が機能するためなのです。

これと似たようなことが睡眠不足でも起こり、睡眠不足では脂肪を蓄えるようにとの体の変化が起こるのです。

睡眠不足は代謝を低下させる

睡眠不足は基礎代謝が下がるという原因になります。

睡眠不足の人は十分に睡眠をとった人に比べて筋肉が減ることが解っています。これは、体がエネルギーを消費する際に、脂肪を蓄積して筋肉を優先的にエネルギーに変換しているからなのです。

筋肉の量が低下すれば、自然と基礎代謝も落ち、それだけ太りやすい体になってしまうのです。

インスリンの働きが変化

インスリンは別名「肥満ホルモン」と呼ばれ、糖を脂肪に変える働きをします。

睡眠不足の人は血液中にインスリンが残りやすく、それだけで脂肪が作られてしまうのです。

まとめ

睡眠不足はホルモンの分泌に変化をもたらし、睡眠不足だけで太りやすい体に変化することが解っています。

つまり、睡眠不足は太るのです。

また、睡眠不足は太る以外に、大病のリスクを増加させることも知られています。つまり、命の危険があるのです。

睡眠不足だから、と言って物事を片付けることは危険なのです。

況して、睡眠不足で既に太ってしまったという人は生活習慣病のリスクが高まりますので、気をつけてください。

一番は、睡眠を十分に取ることが健康の第一歩なのです。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました