睡眠不足を解消するツボをご紹介

日本人は世界で見ても、睡眠時間が短い民族としてすっかり定着してしまった感がありますが、誰も好き好んで睡眠不足になっている人はいないと思います。

気をつけないと、現代社会では直ぐ睡眠不足に陥る危険がごろごろと転がっているのです。

そこで、睡眠不足を解消するツボを紹介したいと思います。

⇒ YouTube 動画はこちら

睡眠不足を解消するツボ

百会(ひゃくえ) | 睡眠不足を解消するツボ

頭の頂点にあるツボが百会です。

この百会は「万能ツボ」と呼ばれるツボです。

百会は睡眠不足の解消の他に、二日酔いとか、さまざまなことに効果があるツボなのです。

百会という名前を知らなくとも、頭の頂点にツボがあると言うことを知っている人は多いと思います。

この百会をゆっくりと押すことで、頭がすっきりとします。

ポイントとしては両手の中指で一分ほど押すのがポイントです。

これを行う事によって、睡眠不足でまだ眠い頭はすっきりとするはずです。

勇泉(ゆうせん) | 睡眠不足を解消するツボ

勇泉は足の裏にあるツボです。

勇泉は、血行をよくし、血液の循環をよくすることで、疲労回復につながる効果があるツボなのです。

勇泉を押せば、血行の他に自律神経の活動を助けますので、睡眠不足解消には効き目があるツボなのです。

位置は第2・第3の指の骨の間にあり、少し窪んだところにあります。

足の裏で言えば、中心より少し前にあります。

押し方は、3秒押しと3秒離しを交互に行うことです。

風池(ふうち) | 睡眠不足を解消するツボ

風池は後頭部にあるツボです。

後頭骨の下にあるくぼみ(首の付け根)から、2~3ほど左右にあります。

髪の生え際の少し上の箇所が風池で、その風池を刺激することがポイントとなります。

風池は脳の活性化に効果があり、睡眠不足でぼうっとした頭をすっきりとする効果があります。

風池も3秒押して3秒離すを繰り返します。

ここで、少し痛いくらい押すのがポイントです。

中衝(ちゅうしょう) | 睡眠不足を解消するツボ

中衝は手のひらにあるツボです。

中指の先端・ツメの付け根の親指側にあります。

効果としてはイライラを鎮めることです。

睡眠不足でイライラしている荒んだ心に潤いを与えるツボです。

睡眠不足はとにかくイライラさせるものですので、イライラを感じたならば中衝を刺激してください。

中衝は1秒押して1秒離すを繰り返します。

労宮(ろうきゅう) | 睡眠不足を解消するツボ

労宮も手のひらにあるツボです。

位置は手のひらのど真ん中で、高まった気持ちを抑える効果があります。

睡眠不足ですと自律神経が乱れ、安眠ができずに睡眠不足になりがちです。

その結果、再び自律神経が乱れて睡眠不足に陥るという悪循環に陥ります。

そのために、まず、高まった気持ちを抑えて鎮めるのに、この労宮を刺激するといいでしょう。

労宮は3秒押しで2秒休むを繰り返してください。左右10回が目安です。

合谷(ごうこく) | 睡眠不足を解消するツボ

合谷も手のひらにあるツボです。

人差し指と親指の合流地点に位置するツボです。

このツボは睡眠不足の解消にも効き目があるのですが、その他にもたくさんの効能があり、「万能ツボ」と呼ばれています。

例えば、花粉症、頭痛、肩こりや便秘など、その効果は広範に亘ります。

睡眠不足の解消としては、寝入るのがすんなりとでき、いびきなどにも効果があると言われています。

足の裏 | 睡眠不足を解消するツボ

最後はたくさんのツボがある足の裏です。

足の裏を刺激しますと、睡眠不足を始め、あらゆることに効果が及ぶ、大変便利な箇所が足の裏なのです。

ツボの刺激の仕方も簡単で、ゴルフボールを踏むだけです。

足の裏は皮膚が厚いために、少々荒く踏んでも全く問題がなく、少し痛いくらいに踏むといいでしょう。

その効果は睡眠不足ばかりでなく、あらゆることに効果があります。

睡眠不足を解消するツボのまとめ

睡眠不足の解消として、ツボを刺激するのはとてもいいことに思います。

どうしても避けようがない、睡眠不足に慢性的にある人は、ツボを刺激して何とか一日を乗り切ってほしいものです。

ツボの刺激は簡単ですので、誰もが行えるものです。

特に足の裏はツボが集まっていますので、足の裏を刺激することをおススメします。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました