市販でよく効く睡眠薬はどれか?

市販の場合、睡眠薬というのは語弊があります。

市販で売っている睡眠薬は、正確には睡眠改善薬のことです。

睡眠薬は医師の処方箋がなければ処方されないからです。

つまり、睡眠薬は市販では売っていません。

それならば、薬局やドラッグストアで販売されている睡眠薬は何なのかというと、

例えば「ドリエル」や「ネオデイ」と言った薬が販売されていますが、これらの薬は、一般用医薬品(第2類医薬品)といわれていて、病院で処方される睡眠薬とは根本的に違うのです。

簡単に言うと、病院で処方される睡眠薬は副作用、特に依存性がありますが、その分効き方が優れています。中枢神経に直接影響し、興奮や不安を短時間で抑制し、麻酔をかけるように眠気に襲われます。

これに比べると、市販の睡眠薬(=睡眠改善薬)は風邪薬やアレルギー薬の「眠くなる成分」を応用したものですので、ほとんど睡眠効果は期待できません。

⇒ YouTube 動画はこちら

よく効く市販の睡眠薬は存在するのか?

どの市販の睡眠薬を使用しても効き目が無いのかと云うとそんな事はなく、ひどい不眠症の場合を除けば、市販の睡眠薬やサプリメントの方が副作用がなく、安全なのです。

何が効くかというと、いずれも「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が含有している睡眠薬で、この成分を含有しているのであれば、市販の睡眠薬はどれを選んでも同等の効き目があります。

軽度の不眠に悩んでいる人は市販の睡眠薬(=睡眠改善薬)を服用すれば、効果があります。

「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が含有していれば、どれでも睡眠効果が期待できますので、なるべく値段が安いものを購入するといいと思います。

根本的な不眠を改善するにはサプリメントがオススメ

薬局で手軽に購入できる睡眠薬(=睡眠改善薬)にもデメリットがあります。

それはいずれも値段が高いと言うことです。

そして、睡眠改善薬は連続して2~3日以上は服用することを避けるようにとの注意書きがあります。

それは、薬局やドラッグストアで売っている市販の睡眠薬は、服用し続けると浅い眠りであるレム睡眠の時間が延びてしまい、脳が休まるノンレム睡眠が短くなってしまうと言う副作用があるからです。

これでは熟睡することはなく、目覚めてもなんだか寝たような気がしないなど、起きたばかりなのにぐったりと疲れていると言ったような状態に陥ってしまうのです。

不眠症を市販の睡眠薬で根治しようとするのであれば、睡眠薬よりもサプリメントをオススメします。サプリメントの中でも自然由来の成分のものを服用してください。

サプリメントに関しては副作用がほとんどありませんので、長く飲み続ける場合はサプリメントをオススメします。

まとめ

市販の睡眠薬といわれる睡眠改善薬は、ジフェンヒドラミン塩酸塩という成分が含有しているのであれば、どれも効き目は同じと言えます。

しかし、市販の睡眠薬は、長期間服用すると副作用があります。

それは、浅い眠りであるレム睡眠の時間が長くなり、脳が休まるノンレム睡眠の状態が少なくなり、起きたときには既に疲れていると言った副作用があります。

そのために、市販の睡眠薬の服用は2~3日続けて服用することは避けるようにとの注意書きがあります。

それでは、市販の睡眠薬では不眠は介せ全市ないのかというと、そんなことはなく、そんな場合は自然由来の成分でできている睡眠サプリメントを服用することをオススメします。

サプリメントの場合は、副作用はほとんどありませんし、長期間持続して服用しても問題がありません。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました