睡眠時間が6時間というのは睡眠不足なのか?

睡眠時間を何時間確保すればいいのかと言うことは長く論争となってきましたが、どうやら最近の疫学的な調査から7~8時間睡眠が最適と言うことのようです。

睡眠時間に関するアメリカの疫学的調査

睡眠と健康に関する提言を行っている米国立睡眠財団(NSF)から、新生児~高齢者までの各年齢層別、推奨睡眠時間というものが発表されています。

それによりますと、生後3ヶ月までの新生児は14~15時間、生後4~11ヶ月では12~15時間など、赤ん坊の時は「寝る子は育つ」と昔の人はよく言ったものもですが、赤ん坊の仕事は寝ることなのです。

ゲームで遊ぶ時間を巡って親と言い争いになりがちな6~13歳は9~11時間、塾通いやインターネット、LINEで睡眠不足なりがちな14~17歳は8~10時間と提言しています。

それは、子供の場合、睡眠中に大切な成長ホルモンが分泌されていて、それが夜の10時から真夜中の2時の間と言われています。つまり、この時間に寝ていないと、成長に影響があり、それは一生の問題となります。

そして、米国では立派な大人と看做される18~64歳は睡眠時間が7~9時間も必要だというのです。65歳以上の高齢者になると7~8時間でいいようなのですが、これは日本人にはしっくりとこないのではないでしょうか。

睡眠時間に関する厚生労働省の指針

米国での調査結果が発表されたのと時を同じくして、日本の厚生労働省が「健康づくりのための睡眠指針2014」によれば米国よりは短めなのです。

それによれば10代前半は8時間以上、25歳で約7時間、45歳で約6時間半、65歳で約6時間と日本人にはしっくりとくる睡眠時間が推進されています。

この指針の見方を変えると、ここに出された睡眠時間の数字は最低時間の数字と言えます。

実際に、勤労世代で、睡眠時間が6時間を下回ると日中の眠気が増して、ヒューマンエラーの頻度が上がることは誰もが経験していることではないでしょうか。

睡眠時間6時間は短すぎる

中には睡眠時間が6時間でも何の問題もないという人もいるかも知れませんが、一般的に6時間以下の睡眠時間ですと、短命に終わると言うことは疫学的調査から判明しています。

つまり、睡眠時間が6時間と言うのは完全に睡眠不足なのです。

睡眠不足は万病の元と言えるほどに病気の引き金になりますので平日でも6時間以上の睡眠は確保してください。

例えば、睡眠不足症候群という病気がありますが、これは、日中の激しい眠気や毎日がだるいなど日常生活に影響が出ます。

また、睡眠不足はがんにかかりやすいと言われていて、注意が必要です。その他にも脳卒中や心臓病などの病気の引き金になりますので、寝不足は避けたいものです。

しかし、睡眠時間が7~8時間も確保できないという場合は、睡眠の質を高めてください。

人間の睡眠には二種類あり、深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠が90分周期で繰り返されます。この中でノンレム睡眠を長くとることを考えてください。

現在、アプリで、自分の眠りの質を知ることが可能ですので、アプリを使って自身の眠りの質を知ってください。そこで、脳が休まないレム睡眠ばかりですと脳のダメージが回復せずに、生活することになりますので、ノンレム睡眠がしっかりととれているのかどうかを知ってください。

しかし、疫学的な調査から言えるのは、6時間以下の睡眠時間の人は概して短命と言うことです。しかし、年をとると睡眠時間が短くなるのは自然なことです。高齢の人が睡眠時間6時間というのは普通ですので何の心配もありません。

睡眠時間が6時間のまとめ

睡眠時間が6時間は、現在の最新の研究・調査結果から短命だと言うことです。

睡眠不足はがんや糖尿病、高血圧、そして心臓に負担をかけることになり、万病の元です。

忙しい現代では6時間の睡眠時間を確保するのが難しいという人がいるかも知れませんが、長生きしたければ、どうあっても6時間以上の睡眠時間を確保してください。

また、子供の時は10時間くらいの睡眠が必要です。「寝る子は育つ」というように、子供は寝ているときに成長ホルモンが分泌されますので、子供の夜更かしは厳禁です。

また、高齢者が睡眠時間6時間というのは正常なことですので気にしないでください。

問題は、勤労世代の睡眠時間なのです。働き盛りの世代こそ、なんとしても6時間以上の睡眠時間は確保してください。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

タイトルとURLをコピーしました