睡眠時間が3時間でも大丈夫?

中には睡眠時間を短縮してその空いた時間を有意義に使いたいと考えている人もいるかも知れません。

そこまでしなくてもと思うのですが、世の中にはショートスリーパーにあこがれているという人が結構いるのだそうです。

そんな人のために、3時間睡眠のやり方とその弊害を書きます。

3時間睡眠の行い方

どうすれば3時間睡眠が可能となるのでしょうか。

無理矢理に睡眠時間を削って3時間睡眠を行うと、それは体に悪いと言うことは誰の目にも明らかです。ではどうすればいいのでしょうか。

それは以下に挙げることを実践することにあるようです。

小食にする

小食にすることで内臓に負担がかかるのを最小限に抑えて、内臓に疲れがたまることを避け、疲れにくい体を作ることができるようです。

小食にすると言うことは食べることの楽しみを減らすと言うことを意味しますが、短時間睡眠に堪えうる体を作るには小食にする必要があります。

規則正しい生活をする

不規則な生活をするだけで人間は疲れてしまうものです。

生活のリズムが狂うことで神経がまず疲れてしまうのです。

短時間睡眠を行う場合、食事から寝る時間、また、それ以外の生活でもできる範囲のことは規則的な生活を送ることが大切です。

軽い運動と入浴

血流をよくすることで体内にたまった疲労物質を減少することができます。

そのためには軽い運動と入浴がぴったりなのです。

自律神経を安定させるにも適度な運動と入浴は効果があります。

寝る前にテレビや本を読むのをやめて決まった動作(ルーティン)を行う

寝る前にテレビや本を見るのはよくないのです。

テレビは解りますが、寝る前に本を読む人は少なくないと思います。

それも短時間睡眠を行う場合はやめるべきだと言うことです。

それは、神経が緊張して頭が覚醒状態になってしまい、なかなか寝付けなくなるとのことです。もちろんスマートフォンはもっての外です。

その代わりに決まった動作(ルーティン)を行うことがいいようです。

ルーティンを行うと直にルーティンを行うことですぐ寝付けるようになるのです。

例えば深呼吸10回とか背伸びをしてから息を吐ききると行ったような簡単な動作で構いませんので、ルーティンを決めることが寝る準備になるのです。

昼に目を閉じて15分ぼうっとする

目を閉じてぼうっとすることで力が甦ります。

睡眠効率で言うと昼間に15分ぼうっとすることが夜の睡眠を多少なりとも補うのです。

 

以上のことが3時間睡眠を行うために守るべき生活習慣です。

どれも簡単なことに思えますが、全てをこなすのは結構大変なようです。

特に食事を小食にすることは、食べることの楽しみを減らすという苦痛を多少なりとも伴うもので、小食にすることが最も苦労する点かも知れません。

また、酒や煙草は厳禁です。

睡眠時間を3時間にするには体になるべく負担をかけないことが重要なのです。そのためには毎日を健康的な生活を送らなければなりません。

それができないのであれば、睡眠時間を3時間にすることはやめるべきです。

睡眠時間が3時間と言うことの弊害

単刀直入に言えば認知機能の低下です。記憶力が落ちます。

寝ていないのでこれは当然なのです。

前述のことを怠りなく行えば自分では普通に過ごしていると感じるかも知れません。しかし、睡眠時間が3時間というのは完全に寝不足ですので自分では自覚できないだけで記憶力の低下など認知機能の低下が起こります。

睡眠時間が短いと脳のダメージが回復するのに時間が足りなくて、認知機能の低下を招くのです。これが固定化するともう治すことはできません。

この睡眠不足の状態を回復させるために、休日はぐっすりと寝て睡眠時間を補ってください。

そして、今更何をか況んやなのですが、3時間睡眠はできれば行わないことに越したことはありません。

3時間睡眠のまとめ

3時間睡眠は余りオススメできませんが、どうしてもしたいという人は食事を小食にするなど、疲労がたまらない体作りが大切です。

規則正しい生活をし、軽い運動をし、昼間の15分はぼうっとするなどすることで疲労を溜めない体が作られます。

しかし、睡眠時間を3時間にすると認知機能の低下を招きます。

記憶力の低下など、それは自分では気付かないだけで必ず誰もが低下します。

そのリスクを覚悟の上で睡眠時間を3時間にするという3時間睡眠を行ってください。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

タイトルとURLをコピーしました