睡眠薬の効果は種類によって違う

睡眠薬はその種類によって効果が違ってきます。

睡眠薬は種類ごとに作用する長短に関係し、睡眠薬に関して正しい知識を持っておくことは大切です。

また、睡眠薬に関する知識をきちんと持っていると、睡眠薬の副作用についてもきちんと解るようになります。

睡眠薬は、効果も期待できますが、副作用が必ずあることを忘れずに使用してください。

⇒ YouTube 動画はこちら

スポンサーリンク

睡眠薬の種類

睡眠薬の代表的なものは以下の3種類です。

それぞれの種類により、睡眠を促すメカニズムや、効果の範囲、副作用の度合いが異なります。

1. バルビツール酸系

バルビツール酸系睡眠薬の特徴には、次のようなものがあります。

  • 脳に直接作用し、睡眠を促す効果が強い。
  • 脳に直接作用するため、睡眠時だけでなく呼吸にも影響が及んでしまうなど、影響力が広範囲に及んでしまいます。

バルビツール系は、過去では主流の睡眠薬でしたが、その副作用が強いことが問題視されるようになりました。

バルビツール系は麻酔の一種でもあるために、摂取量を間違えると命にかかわる問題となるために、現在ではほとんど使用されていません。

2. ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、現在主流の睡眠薬です。効果の特徴は以下の通りです。

  • 脳内の抑制の神経伝達物質である「GABA」の睡眠作用を増強し、自然な眠りを促してくれます。
  • バルビツール酸系睡眠薬と違い、脳に直接作用するものではないので、呼吸器系など重大な副作用が起こる心配はなくなりました。

現在は、このベンゾジアゼピン系睡眠薬が主流となっています。

しかし、副作用の危険性は軽減されたものの、未だに残っていて、特に問題となっているのは依存性の問題です。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬を長期間利用していると、体内に耐性ができてしまいます。

すると睡眠効果は得るためには、内服量を増やす必要が出てきてしまうことが問題です。

そして、内服量が増えることで、次の日まで睡眠効果が続き、日中の眠気がとれない状態になってしまいます。

また、医師に相談もなく服用し、自己判断で急に服用をやめると反跳性不眠や離脱症という、服用以前よりも不眠になるなどの症状が悪化した状態になる副作用があり、それが問題となっています。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬を服用する場合、専門医と相談しながら、専門医の知見のもとに初め、終えることが重要です。

3. 非ベンゾジアゼピン系

非ベンゾジアゼビン系睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬の副作用を軽減させるために開発されたものです。現在は次の睡眠薬が発売されています。

このどちらもが即効性のある長短時間制睡眠薬です。

これからの睡眠薬は非ベンゾジアゼピン系睡眠薬が多く開発されてゆくことになるはずです。

眠薬の効果のまとめ

睡眠薬にはバルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、そして非ベンゾジアゼビン系の3種類があります。効果はそれぞれ違います。

バルビツール酸系は、本質としては麻酔の一種で、脳に直接作用するために呼吸器系にもその影響が及び、服用の量を間違えると命を落としかねないという危険がありました。

そのために、現在ではほとんど利用されていません。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、バルビツール酸系睡眠薬の問題であった脳に直接作用するリスクを減らしたもので、現在主流の睡眠薬です。とはいえ、副作用を全てなくすことはできないために、非ベンゾジアゼビン系睡眠薬が開発されました。

この非ベンゾジアゼビン系睡眠薬の効果は即効性で、睡眠薬が効いている状態は超短時間のみなので、副作用はほとんどありません。

これからは非ベンゾジアゼビン系睡眠薬が主流になるのではないかとみられています。

そして、これが重要なのですが、自己判断で睡眠薬をやめたりすることは厳禁です。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大