睡眠不足症候群を診断する基準は?

睡眠不足症候群とは慢性的に睡眠が不足しているにもかかわらず、本人のその自覚がなく、そのような状態が3ヶ月以上も深刻な眠気に襲われる症状が現れている場合のことを言います。

⇒ YouTube 動画はこちら

スポンサーリンク

睡眠不足症候群とは?

日本では慢性的に日中にひどい眠気に襲われて医療機関を受診する人のうち、7%が睡眠不足症候群と言われていますが、実際は、その数倍いるのではないかとも言われています。

主な症状は、夜間の睡眠不足とそれによる昼間の激しい眠気ですが、睡眠不足を自覚していない場合は、寝付きが悪いなどと不眠を訴えることもあります。

睡眠不足症候群の人は休日は普段よりも長い睡眠時間をとっている場合がほとんどです。

睡眠不足症候群において、睡眠不足は本人が自覚していない場合が多く、その原因にはたと思い当たることがない場合も多いのですが、睡眠不足により脳の働きが低下し、強い疲労感や倦怠感、無気力、意欲の低下、落ち着きのなさ、注意力散漫、協調性の欠如、攻撃性の高まりなどの症状がみられます。

また、食欲不振や胃腸障害、筋肉痛を訴える場合もあります。

睡眠不足症候群の診断

睡眠不足症候群の診断は、国際睡眠障害分類第2版による診断基準によって行われます。

このときに一番重要な点は、睡眠日誌やアクチグラフ(携帯型活動量計)で特徴的な睡眠のパターンを確認することです。

睡眠不足症候群では、平日の睡眠時間が非常に短く、それを取り戻すために休日に長い睡眠時間をとるということを繰り返しています。そして、これが睡眠不足症候群を悪化させる大きな要因なのですが、睡眠不足を自覚できる人は少ないと言うことがあります。

日中に強い眠気を起こす他の病気として睡眠時無呼吸症候群やナルコプレシー、外傷性過眠症、むずむず脚症候群などがあります。

いずれにせよ、日中に激しい眠気に襲われることが3ヶ月以上続いたならば、医師の診断を受けるべきです。

睡眠不足症候群の治療

睡眠不足症候群の治療で最も大切なことは本人が睡眠不足であることを自覚することです。

本人が睡眠不足を自覚しなければ、睡眠不足症候群の治療を行うことは困難で、そもそもそのような人は医師の診察を受けていないと思われます。

しかし、日中に激しい眠気に襲われるという人は迷わずに医師の診察を受けてください。

また、1日に8時間以上の睡眠が必要な長時間睡眠傾向者などがいるように、必要な睡眠時間は人それぞれ違い、1日に8時間睡眠をとっていたとしても体質的に睡眠不足になりやすい人というのがいるのです。

睡眠不足症候群の治療としては、生活習慣を改めることが大切です。

夜更かし型では睡眠不足症候群は解消しません。

カフェインやタバコなどの刺激物は、夜遅くなったならばとらないようにします。そして、これが最も注意が必要なのですが、テレビやビデオゲーム、メールチェック、ネットサーフィンなどは画面の光が眠気を妨げますので控えるようにしてください。

また、仕事が忙しいなどの多忙型の場合は、スケジュールを再検討する必要があります。

会社勤めの人の場合、会社側と話し合い、睡眠不足症候群と言うことで、仮眠をとるようにしてもらい、また、時間外勤務の量を減らしてもらうことが大切です。

睡眠不足症候群を診断する基準のまとめ

睡眠不足症候群の診断は、国際睡眠障害分類第2版により診断します。

概して睡眠不足症候群の場合、昼間に激しい眠気に襲われ、それが3ヶ月以上続いたならば、睡眠不足症候群と思われます。

その場合は、迷わずに医師に診察してもらうことに限ります。

たかが睡眠不足などとは考えず、睡眠不足症候群は睡眠障害のひとつで、日常生活にその影響が及んでいますので、早めの治療が大切です。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大