睡眠不足の症状をチェックしてみる

頭痛やめまいなどが起こると、これは睡眠不足が起因しているのではないかと悩んでいる人が、現代社会では多いと思います。

睡眠不足から来る症状にどのような物があるのかをチェックしてゆきます。

スポンサーリンク

睡眠不足は疲労を蓄積する

睡眠不足は脳と身体ともに疲労を蓄積させて、心身ともに疲労困憊にさせます。

つまり、疲労が抜けないという人は概して睡眠不足であることが多く、その症状がひどい場合は睡眠不足症候群という睡眠障害になっていることも少なくありません。

睡眠不足から起きる主な症状

睡眠は心身ともに回復させる役割があります。

浅い眠りであるレム睡眠ばかりで深い眠りのノンレム睡眠がとれないといった、質が悪い睡眠が続く場合は、日常生活に支障を来す症状が出ます。

それではどんな症状があるのかチェックしてみます。

睡眠不足で身体に異変が起きる症状

睡眠不足が続いていると言うときに頭痛、、吐き気など、はっきりとそれと解る症状が出ます。

これは身体が睡眠不足で疲労困憊しているというサインですので、睡眠をしっかりととってください。そして、体力回復の必要があります。

睡眠不足のストレスで頭の血管が膨張し、そのことが原因で痛みを感じ、「こめかみがズキズキする」「目の奥が痛い」「後頭部が痛い」「頭が締め付けられるように痛い」といった症状が出ます。

めまい

睡眠不足のストレスによって平衡感覚を司る三半規管がむくんで、めまいが起きます。

「目がぐるぐる回る」「ふわふわと揺れる」「立ちくらみがする」といった症状が現れます。

睡眠不足により自律神経が正常にはたらなくなり、また、胃腸の調子も狂い、強い吐き気を催します。

睡眠不足で能力が低下する主な症状

それ程危険とは言えませんが、睡眠不足によって日常生活を送る中で、機能が低下する物があります。

これらは自覚することが困難な場合が多いのです。そして症状は自覚しなければ解らない物なのです。

、記憶力の低下

深い睡眠のノンレム睡眠が短く脳に疲労が蓄積する質が悪い睡眠が続くと、脳は正常に働かなくなります。

しかし、当の本人にはこの自覚が全くなく、更に睡眠不足を重ねて、ますます脳の働きの低下を招くことになります。

異常な疲れや眠気を感じる

心身ともに睡眠不足なために疲労が回復せずに蓄積するばかりで、倦怠感や目を開けられないほどの眠気に襲われます。

睡眠不足によりホルモン分泌に狂いが生じて、免疫力が低下します。

このために、インフルエンザや風邪などに罹りやすくなります。

ストレスを感じ、不安になったり情緒不安定になる

脳の働きが低下しますので、ふとした瞬間に不安になったり、ストレスを感じるようになります。また、うつ病を誘発します。

胃腸の調子が悪く食欲が減退する

自律神経のバランスが崩れ、胃腸の調子が悪くなります。

ストレスが溜まりやすいためにストレス性胃炎に罹り、これが悪化すると胃潰瘍になる場合があります。

睡眠不足は病気を招く

睡眠不足は「たかが睡眠不足」と軽くみられがちですが、睡眠不足が昂じると睡眠不足症候群という睡眠障害になったり、また、さまざまな病気に罹りやすくなります。

血糖値が高くなる

睡眠不足というストレスを感じると、人間の身体は血糖値を上げてストレスに対抗しようと、高血糖になってしまいます。

このことで糖尿病を招く可能性が高まります。

血圧が高くなる

睡眠不足というストレスに対抗するために血糖値ばかりでなく血圧も高まります。

その結果、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まります。

肥満になりやすい

食欲を制御するホルモンの分泌や満腹中枢が正常に機能しなくなり、その結果、食欲旺盛となり、肥満になるリスクが高まります。

睡眠不足から起きる症状のまとめ

上記に挙げた症状をチェックして、仮に睡眠不足がひどいという場合は、様々な病気を招くリスクが高まっていますので、注意が必要です。

たかが睡眠不足と甘く考えることは禁物です。

睡眠不足は心身に悪影響を与えますので、睡眠不足はできる限り解消しましょう。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大