がん・認知症を招く睡眠負債とは

睡眠はいかに大切か言うまでも有りませんが、不足すると多くのリスクを生じさせるので、日頃からの自己管理が重要です。

因みに睡眠負債とは、日々の寝不足が借金のように積み重なった状態をいいます。

そして、気付かず溜め込んだ寝不足が、様々なリスクに発展します。

睡眠負債のリスク

注意力のリスク

  • パフォーマンスや集中力が気づかないうちに落ちて行く。
  • 危険な状態だと云う事を本人が気付かない。

がんのリスク

  • 睡眠負債が溜まっていると免疫細胞がしっかりと働かない。

認知症のリスク

  • 働き盛りである40歳位から注意が必要だと考えられている。
  • 認知症を引き起こすアミロイドβの排出が不十分になる。

睡眠負債は返済できる

どのタイミングからでも遅くない。

よく推奨されているのは、休日の睡眠時間を平日の睡眠時間プラス2時間。

理想的な睡眠時間

連続して6時間半~7時間眠れるといういのが理想だと考えられています。

⇒ YouTube – がんや認知症を招く睡眠負債とは(7’59”)

放送日:2017年9月30日 TBSテレビ 22:00~11:24 新・情報7Dayニュースキャスター 

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大