睡眠障害に付いて良く知っておく事が大切

睡眠障害の種類は6種類あります。

それは「」「」「」「」「その他の睡眠障害」「身体疾患や精神疾患に合併した不眠」です。

ここでは、それら6つの睡眠障害に関して、掘り下げてゆきたいと思います。

⇒ YouTube 動画はこちら

スポンサーリンク

不眠をはじめとする睡眠障害の原因は、各人各様で、様々です。似たような症状でも原因によってその治療や対処法が変わります。

心理的原因があります

これは何らかの「ストレス」に関連して起こる不眠が代表的な例です。この心理的原因は、特に不眠の場合、不眠になった前後で起こった出来事などを詳しく調べることで、その原因が浮き彫りにされる場合があります。

身体的原因による睡眠障害です

これは病気になったりした場合、病気の症状の一つとして例えば不眠になるといった場合がこれです。外傷、関節リウマチなど痛みを伴う疾患、湿疹や蕁麻疹などのかゆみを伴う疾患。

精神医学的原因があります

精神や神経の疾患は、不眠を伴う場合が多いです。中でも「不安」と「抑うつ」です。これまで楽しかったことが全然楽しくなく、感情の起伏がなくなり、喜怒哀楽がなくなり、感情が平坦になった場合などはうつ病が考えられます。

薬学的原因があります

これは服用している薬やアルコール、カフェイン、ニコチンなどが原因で起こる不眠があります。薬の代表的なものとして抗がん剤、自律神経・中枢神経に効く薬、そしてステロイド剤などが代表的なものです。

生理学的原因です

これは海外旅行や出張による時差ぼけや受験勉強、勤務シフトなどによる生活リズムの昼夜逆転など、生活習慣の変化による原因です。

不眠症は日本では約5人に1人が「夜寝付きが悪い」「眠りを継続できない」というように、不眠に悩んでいるのが現状です。

過眠症

これは、夜、十分に眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気に襲われ、起きているのが困難な状態を言います。

概日リズム睡眠障害

これは、昼夜のサイクルと体内リズムが合わないため、1日の中で社会的に要求される、または自分で望む時間に睡眠をとることができず、活動に困難を来すような場合が概日リズム睡眠障害です。

睡眠呼吸障害

これは睡眠中に異常な呼吸を示す病気です。最近とみに言われている睡眠時無呼吸症候群がこれに当たります。現在、社会問題となっています。

むずむず脚症候群・周期性四肢運動障害・睡眠時随伴症の睡眠障害

睡眠時随伴症は、睡眠中、または入眠時、覚醒時に起こる睡眠にとってよくない以下の4つです。

  1. 睡眠時遊行症……夢遊病といわれるもので、睡眠時手足を動かしたり、歩き回ったりします。
  2. 睡眠時驚愕症……別名、夜驚症といい、悲鳴や鳴き声が睡眠中に突然起こりそのまま起き上がっては錯乱状態になるというものです。
  3. 悪夢……これは誰もが一度は経験したことがあると思いますが、不安や恐怖、生命の危険を夢に見てしまうというものです。悪夢が続くと不眠症になります。
  4. レム睡眠行動障害……これはレム睡眠中の夢が行動となって現れてしまう現象です。例えば夢を見て大声で寝言を言い、手足をばたつかせたり、体を激しく動かすといった現象です。

そして、身体疾患や精神疾患の多くの場合が不眠症の原因となります。

まとめ

睡眠障害には6つのパターンがあり、その6つのパターンも尚、細分化できます。

例えば、現在社会問題となっている睡眠時無呼吸症候群など、高が睡眠と侮ってはいけません。睡眠は、人間の根本に関わる問題なのです。

私も休みの日などは平日よりも余計に眠ってしまって、その夜はいつも寝付きが悪いという時期が有りましたが、

余分に睡眠を取ってしまったような日は、一日のどこかの時間帯に軽くスポーツをして、カラダを少し疲れさせると良いですね。

そうすると、その夜はすんなり入眠できる様になりましたので、個人差はあるかと思いますが、この方法はオススメですよ。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大