睡眠薬を病院で処方してもらうには?

睡眠薬は医療用医薬品ですので、病院で処方してもらわなければなりません。

しかし、病院と言っても何科にゆけばよいのか解らないという人も多いのではないでしょうか。病院で睡眠薬を処方してもらう方法をお伝えします。

⇒ YouTube 動画はこちら

睡眠薬を病院で処方するには何科にゆけばいい?

睡眠薬を処方してもらう可能性がある病院は、実は意外と多いのです。

ではいったい何科にゆけばいいのでしょうか。

1. 、睡眠クリニックなどの専門病院

睡眠外来など聞き慣れていないと思いますが、日本人の5人に1人は睡眠に関して悩んでいると言われる中、最近では睡眠を専門にする病院が増えています。

睡眠外来、不眠症外来、、もしくはスリープ○○、など、その名前はさまざまです。

しかし、いづれも睡眠に関する名前が付いていますので、近くにそのような病院がないかどうかを探してみてください。現在は、ネットで何でも調べられますので、直ぐに見つかるはずです。

こうした病院を受診するメリットは不眠症や睡眠に関する悩みに関して、きちんと検査してくれることです。

例えば、睡眠時無呼吸症候群の場合、睡眠薬を使うのはかえって危険なのです。ですので、きちんと専門病院で検査を受けて睡眠薬を処方してもらうことは生命の危険を回避するのに有効です。

2. 内科、精神科など

しかしながら、 まだまだ睡眠の専門病院は少ないのが現状です。

近くに睡眠外来などの専門病院がない場合は、内科や精神科を受診すれば、症状により睡眠薬が処方されます。

精神科にゆくのはちょっと、と抵抗がある人がほとんどかもしれませんが、もしも不眠がうつ病かその他の精神病によって起きている場合は、精神科で治療しなければ治りません。

場合によりますが、不眠だからと言って睡眠薬がいいとは限らずに、抗うつ薬や抗不安薬などの方が不眠を治すのに有効な場合があるのです。

3. とりあえず総合病院へゆく

とにもかくにも近くに総合病院がある場合は、とりあえずそこへゆけばいいと思います。睡眠に関する悩みを問診時に訴えれば何科へいけばいいのか、または専門病院を紹介してくれます。

4. 女性外来や耳鼻科、整形外科などでも睡眠薬が処方されることが

意外と思うかも知れませんが、更年期障害治療などを行う女性外来や、耳鼻科、整形外科などでも睡眠薬が処方される場合があります。

例えば、女性の更年期障害の症状として不眠が多いので、女性外来などで睡眠薬を処方されることがあるのです。

以上のことを鑑みれば、現在、何らかの理由で病院に通っているという場合は、不眠に関しても相談するといいです。とは言え、きちんと睡眠専門の病院や、内科、精神科を受診することに越したことはありません。

睡眠薬を処方してもらうためのみで病院に行くのは厳禁!

ここでは睡眠薬を処方してもらう方法を書きましたが、睡眠薬を処方してもらうためのみで病院へ行くのは厳禁です。

睡眠薬は副作用がありますので、例えば健常者が睡眠薬を飲むとそれは日常生活に影響が出る程に重い副作用が出る場合があります。

また、睡眠薬は依存性がある場合がありますので、睡眠薬は飲まないことに越したことがありません。

睡眠薬を病院で処方してもらう為のまとめ

睡眠薬を処方してもらうには睡眠外来など睡眠の専門病院に行くことをオススメします。

しかし、睡眠外来などはまだ少ないので、内科か精神科にゆくことをオススメします。

もしも、うつ病などで不眠になっている場合は、精神科で治療しなければ治りません。

精神科にゆくのは抵抗があるという人がまだ多いとは思いますが、勇気を振り絞って精神科の門を叩いてみるのもいいと思います。

単なる不眠ならば、それで安心できるというものです。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大