赤ちゃんを睡眠に導く音楽とは?

泣き止まない赤ちゃんをだっこして「ゆらゆら」したり、「とんとん」としたりしても、全く効果がなく、泣き止まないと言うことは、子育てをしていれば必ずあります。

また、もう眠る時間なのに、ぐずぐずとして、なかなか寝ないという場合も数知れずです。

子育てをしていれば、赤ちゃんが思い通りにならないと言うことで、どうすればいいのか、おろおろとすることばかりだと思います。

そんな赤ちゃんを、睡眠へと誘う音楽というものがあるというのですが、それはどんな音楽なのでしょうか。

⇒ YouTube 動画はこちら

スポンサーリンク

赤ちゃんが寝る音楽とはどんな音楽?

赤ちゃんを睡眠に誘う音楽は次のような音楽です。

  • 胎内音系
  • 水流音系
  • オルゴール系
  • クラシック系

は、赤ちゃんが母親のおなかにいる時に聞こえていた音に近い音で、赤ちゃんに胎内音系の音を聞かせると、泣き止ませと、寝かせつける効果があります。母親の鼓動の音のCDなどが売られています。

水流音系は小川のせせらぎなど、水が優しく流れる音や穏やかな波の音などです。この水流音系はリラックス効果があり、母親もこの水流音系の音を聞いていると、リラックス効果があります。

オルゴール系の音楽はCDでもよく売られています。動揺からヒット曲まで多彩な種類があります。産科や小児科などでよくかけられている音楽で、オルゴール系は人気があります。

もオルゴール系と同じく、ゆったりと優しい曲調のものが寝かしつけに効果があります。クラシック音楽は赤ちゃんの脳の発達によい影響もあると言われていて、一時期赤ちゃんにクラシック音楽を聴かせることがブームとなりました。

しかし、この説にはその根拠が薄弱で、正しいのかどうかは定かではありませんが、ゆったりとした優しい音楽なので、赤ちゃんを寝かしつけるときには効果があります。

そして、子守唄です。母親自身が歌ってあげる子守唄の方が、CDなどに収録されている子守唄よりも効果があります。

赤ちゃんを寝かせつける音楽

現在はCDではなく、インターネット配信されている音源が主流となっています。

赤ちゃんが泣きやんで安眠する胎内音

赤ちゃんを睡眠に誘うには、赤ちゃんがまだおなかの中にいたときに聞き慣れていた、母親の心臓音やノイズなどを再現した音源が、インターネット上にはたくさんあります。

中には4時間以上もあるという、長時間胎内音を聞かせられるものもありますので、赤ちゃんが睡眠の間、ずっと聴かせることができます。

水の流れを流すだけの音がネットにはたくさんあります。

この水の流れる音は、大人でもリラックスさせる効果がありますのでオススメです。

例えば、ディズニーオルゴールメドレーなど、オルゴールの音楽もネットにはたくさんあります。

いろいろと試して赤ちゃんがどのオルゴール音楽で寝付くのか見極めて、利用してください。

子守唄

子守唄もネットにはたくさんあります。

しかし、 最も効果があるのは母親が歌う子守唄ですので、その点はお忘れなく。

YouTubeにある「赤ちゃんの睡眠音楽」

このYouTubeにアップされている「赤ちゃんの睡眠音楽」はとても人気があり、優しいメロディの中に、赤ちゃんのあくびのような声が入っています。

赤ちゃんを睡眠に導く音楽のまとめ

赤ちゃんを睡眠に誘う音楽や音は、胎内音や水流音、オルゴール音、そして 子守唄があります。

どれも赤ちゃんがリラックスするもので、どれもオススメの音楽です。

YouTubeにアップされてある「赤ちゃんの睡眠音楽」も人気がある音楽です。

一時期、赤ちゃんにはクラシック音楽がいいと言われた時期もありましたが、その根拠が定かではありません。

とはいえ、ゆったりと優しいクラシック音楽もまた、赤ちゃんを睡眠に誘います。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大