睡眠時無呼吸症候群の検査とは

睡眠時に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群は、昼間に激しい眠気が襲い、例えば、交通事故の大惨事の原因などになるなど、社会的な問題としてクローズアップされました。

そもそも睡眠時無呼吸症候群とは何なのでしょうか。

⇒ YouTube 動画はこちら

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは、読んで字の如く睡眠時に呼吸が止まり、それにより日常生活に支障を来す病気です。

睡眠時無呼吸症候群の重度は無呼吸低呼吸指数で表し、一晩の睡眠を通して1時間当たりの無呼吸や低呼吸(呼吸が浅くなる状態)の頻度を元に診断します。

症状としては「いびきをかく」というのが睡眠時無呼吸症候群の前兆です。

いびきは、睡眠中に空気の通り道(気道)が狭くなり、そこに空気が通る時にのど(咽頭)が振動することによって生じます。

いびきをかくのは、加齢により筋肉の低下、舌が重い、あごが後退している、扁桃肥大がある、軟口蓋が長いと気道が狭くなっていて、そして口呼吸をしていると舌が落ち込みやすくなります。

次に寝汗をかく、寝相が悪い、何度もトイレに起きると言ったことがあると閉塞型睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。

そして、社会問題になっているのは睡眠時無呼吸症候群になると日中激しい眠気に襲われることです。これはどうしようもなく、もしかすると自動車を運転中に激しい眠気に襲われてしまったならば大事故になる可能性が高いのです。

睡眠時無呼吸症候群の検査

まず、問診、視診、日中の眠気の調査を行い、睡眠簡易検査を自宅において行います。

睡眠簡易検査とは

呼吸や血中の酸素の状態などを測定し、それによって睡眠時の呼吸障害の程度()がある程度把握可能です。

AHIが40以上で眠気などの睡眠時無呼吸症候群の症状がはっきりと解る場合は持続陽圧呼吸療法()の対象となります。

AHIが40未満の場合は更に精密検査()が必要になります。

測定項目は、鼻の呼吸フロー、いびき、胸苦しく腹の動き、血中の酸素状態、脈拍数、睡眠時の体位などです。

(PSG検査)

専門の検査施設などに入院して診断が行われます。

この検査では、身体にさまざまなセンサーを取り付け、睡眠の質(眠りの深さや分断の状態)の実際を評価します。また、睡眠中に起こる異常行動や不整脈などの評価なども行い、他の睡眠障害、合併症の有無について診断します。

測定項目は、脳波、、いびき、胸、腹運動、体位、心電図、、脚筋電図です。

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群と診断が下された場合、現在では持続陽圧呼吸療法(CPAP)があります。

この療法は、CPAP装置からホース、マスクを介して、処方された空気圧を気道へと送り、常に圧力をかけて空気の通り道である気道が塞がれないようにします。

睡眠時無呼吸症候群のまとめ

睡眠時無呼吸症候群は本人が自覚していない場合、日中の激しい眠気が原因の交通事故や災害事故の危険が高まります。

実際に、大惨事が起きていることから社会問題になっています。

この睡眠時無呼吸症候群の検査は、睡眠簡易検査を行い、睡眠呼吸障害の程度(AHI)をかけるよりももっと求め、それが40以上で眠気などの症状が明らかになった場合はCPAP療法を行います。

AHIが40未満の方は、検査施設などで泊まりがけでPSG検査を行います。

その検査により、より精密に脳波などの検査結果から、睡眠の質が解ります。睡眠時無呼吸症候群の場合、睡眠は分断されていて、検査で直ぐに解ります。その場合もCPAP療法で治療します。

そして、睡眠時無呼吸症候群は改善します。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大