睡眠時間を減らすためのポイントや注意点

活動時間を増やすために睡眠時間を減らすことを考えるのは、むしろ自然なことに思います。しかし、闇雲に睡眠時間を減らしても、それは健康を害し、また、上手くゆきません。それでは上手に睡眠時間を減らすにはどのような点に気をつければいいのでしょうか。

スポンサーリンク

睡眠時間は90分の倍数にする

普通であれば7~8時間の睡眠時間をとることが、心身ともに負担をかけずに、疲れをとるのに必要な睡眠と思われていますが、睡眠時間は、、つまり、1時間半の倍数で睡眠時間を考えれば、それは無理なく睡眠時間を減らすことが可能なのです。

何故、90分なのかというと、それは人の睡眠は90分周期でレム睡眠と非レム睡眠を繰り返し、つまり、脳と体を90分周期で順番に休めることが知られているからです。

極端なことを言えば、90分、つまり、1時間半の睡眠時間をしっかりととれば、十分とも言えるのです。

しかし、いくら90分周期だからといって、無理矢理に睡眠時間を減らしてもそれは長続きはせず、また、昼間眠くて集中力を失い、かえって効率が落ちて、睡眠時間を減らした意味がないと言うことになってしまいます。

4時間半の睡眠時間が睡眠時間を減らす場合の限界

90分周期の睡眠時間から、3時間の睡眠で十分ではないかと考える人がいるかも知れませんが、少なくとも4時間半の睡眠が睡眠時間を減らす場合の限界に思います。

中には3時間寝れば十分という人がいるかも知れませんが、それはまれで、普通であれば、最低でも4時間半の睡眠時間が必要です。

90分周期の睡眠を念頭に置いて、無理矢理3時間睡眠にしても、それはいくらぐっすりと寝たとしても脳と体の疲れをとるには少なく、最低でも4時間半の睡眠が必要です。

例えば、3時間睡眠に挑戦しても、それは昼間の間、注意散漫で、眠くてしょうがないという状態になるのが目に見え、3時間睡眠は特別に短い睡眠でなければならないときの最低の睡眠時間と看做してください。

睡眠時間の最低は4時間半と考えていてください。

いくら90分の倍数だからといって、4時間半以下の睡眠時間まで睡眠時間を減らしても、それは心身ともに疲弊させるだけですので、昼間の活動に支障を来さない最低の睡眠時間は4時間半と覚えてください。

就寝時間に注意を

いくら睡眠時間を減らして4時間半にしてもその睡眠の質が悪ければ、それは健康を害するだけです。

気をつけなければならないのは、いつ寝るかです。

就寝時間に関しては夜の12時以降に寝るのは禁物です。

理想を言えば10時頃が一番いいのですが、それが難しいという場合は、夜の12時に寝ることを心がけてください。

それは、体の体温の周期とホルモンのバランスが、夜12時から夜中の午前2時までに一番大切な重要なホルモンの数々が分泌されるピークを迎えるからです。

この時間は「睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれていて、夜12時から午前2時に深い眠りを迎えるのが最も理想的と言われています。

まとめ

人間の睡眠は90分周期であることが知られています。

つまり、90分の倍数の時間の睡眠であれば、それは3時間でも昼間の活動に支障がないと思いがちですが、最低でも4時間半の睡眠が必要です。

睡眠時間を減らすには、この睡眠の90分周期が睡眠を減らす場合の一番注意するポイントです。

また、重要なホルモンが夜の12時から夜中の午前2時に分泌される量が最も多く、また、体温もこの時間帯が一番下がると言われていて、つまり、この時間帯が睡眠にとって大切な時間なのです。

以上のことを注意して、90分周期の睡眠を念頭に睡眠時間を減らすことを考えてください。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大