睡眠薬とお酒は同時に飲んではいけない!

睡眠薬を服用している人で、飲酒を続けている人が少なからずいると思います。

睡眠薬を飲んでいるからと言って、飲酒が必ずしもいけないと言うことはありませんが、睡眠薬とお酒を同時に飲んではいけません。

⇒ YouTube 動画はこちら

スポンサーリンク

睡眠薬とお酒を一緒に飲むと?

睡眠薬とお酒を一緒に飲むと、睡眠薬が効きすぎてしまいます。

かつてのように睡眠薬とお酒を一緒に飲んだからと言って命の危険は直ぐには表れませんが、だからといって睡眠薬とお酒を一緒に飲むことは厳禁です。

それは、睡眠薬とお酒を一緒に飲むと、睡眠効果が効きすぎると言いましたが、それ以外に、アルコール依存症の人やアルコール性での症状(不眠や抑うつ感など)を治療中という人はもちろん、お酒は厳禁です。

それでもお酒を飲みたいという人は医師と相談してください。

医師は口を濁して良いとは言わないと思います。

それを曲解して「お酒を飲んでもいい」と解釈してしまう人は、当然、今も睡眠薬とお酒を一緒に飲んでいるかも知れませんが、それは飽くまで医師は、本当のところ、睡眠薬と飲酒は薬が効きすぎることでの副作用が、危険を伴うことになるので、控えた方がいいと言いたいところなのです。

しかし、医師は、かつての睡眠薬のように飲酒をしても命の危険は伴わなくなりましたので、患者の判断に任せているのが現状ではないでしょうか。

また、睡眠薬を服用していても普通に飲酒をしているという人は実際、多いのではないかと思います。

しかし、起きたときに頭がぼうっとしたり、足下が覚束ない状態で、例えば階段から転げ落ちるといった睡眠薬の効きすぎによる副作用には注意しなければなりません。

睡眠薬を服用していてお酒を飲むのであれば

睡眠薬を服用していて、それでもお酒を飲みたいという人は、お酒を飲んでから2~3時間あけて、睡眠薬を服用することをオススメします。

それというのも、アルコールの分解に肝臓は忙しい中で、睡眠薬を服用してしまうと、睡眠薬を肝臓がその効果を低減させるのに手が回らず、睡眠効果がいつまでも続くことになります。

つまり、お酒と睡眠薬を一緒に飲んだ翌日は、なかなか起き上がれずに、また頭がふらふらしていて、睡眠薬がまだ効いている状態なのです。

そのまま、出勤するなど危険極まりありません。特に自動車を運転する人は命の危険があります。

睡眠薬とお酒を一緒に飲んだ場合、自動車の運転は翌日だからと言って、睡眠薬の効果がまだ続いている状態なので、絶対にしてはいけません。

そして、睡眠薬とお酒を一緒に飲むと、起きたからと言っても睡眠効果が抜けていませんので、転ばないように気をつけるなど、怪我の危険もあります。

どうしてもお酒を飲んで睡眠薬を服用するというのであれば、時間をあけて別々に飲んでください。

睡眠薬とお酒の同時摂取のまとめ

本来であれば、睡眠薬とお酒の一緒の服用は控えたいところですが、そうはいってもどうしてもお酒が飲みたいという人が多いと思います。

しかし、基本的には睡眠薬とお酒は一緒に飲むことはやめるべきです。

それは、睡眠薬とお酒を一緒に飲むと睡眠薬が効きすぎてしまい、翌日の目覚め時に、足下がふらついて、転んだりして怪我の危険があり、また、そんな状態で自動車の運転はもっての外で、危険極まりありません。

それを避けるには、お酒を飲んでから2~3時間あけて睡眠薬を服用すると睡眠薬の効きすぎを少しは押さえることができます。

しかし、基本的には睡眠薬とお酒を一緒に飲むことはやめるべきです。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大