睡眠不足による吐き気の解消

睡眠不足が募ると吐き気に襲われます。

それは何故なのか、その原因を知っておくと、吐き気の解消に役立ちます。

例えば、睡眠不足で吐き気が催しているのに、それは単なる睡眠不足だからと安易に考えると、うつ病を発症するなど、深刻な病気を引き起こしかねないのです。

⇒ YouTube 動画はこちら

スポンサーリンク

睡眠不足によって吐き気が起きるのは何故?

睡眠不足になると自律神経が上手く機能せず、また、免疫力も低下することにより吐き気を催すのです。

そもそも睡眠とは心身の疲れを回復させるためにあるので、睡眠不足になると、心身の回復に十分な時間がとれずに、疲労が残ったままなのです。

そして、睡眠は浅い眠りのレム睡眠ばかりとなり、質が悪化します。

睡眠不足になると以下のような症状を引き起こします。

  • 免疫力の低下
  • 記憶力の低下
  • 思考力の低下
  • 集中力の低下
  • 食欲のバランスを崩し肥満のリスクが高まる
  • ホルモンバランスを崩し、肌荒れをもたらす
  • 高血圧のリスクが高まる
  • 血糖値が高まり、糖尿病のリスクが高まる
  • 精神的不安定に襲われる
  • うつ病になる可能性が高まる
  • 些細なことにイライラする

睡眠不足が慢性化すると身体が正常に機能しなくなり、その結果のひとつとして吐き気が起こるのです。

そして、このような症状が日常生活で現れていると、身体に強い負荷がかかっていることを示しています。

吐き気などを催したならば、質のよい睡眠をしっかりととることが大切なのです。

睡眠不足による吐き気を解消する方法

睡眠不足により吐き気を催したならば、出来るだけ身体に負荷をかけずに質のよい睡眠をとることを心掛けて下さい。

とは言え、仕事などで十分な睡眠をとることなど不可能ということの方が多いように思います。

そのような場合は、次の点に気をつけてください。

  • コーヒーや炭酸飲料など胃腸に負荷をかけない
  • 暴飲暴食をせずに、身体によい食べ物をとる
  • 可能ならば、短時間昼寝をする

以上のことに気をつけて身体に負荷をできるだけかけずに、一日を過ごすことを考えてください。

そして、毎日、睡眠の質を高めるために睡眠の習慣を変えることが必要です。

  • 就寝前にはリラックスし、寝付きをよくする
  • 就寝環境を眠りによいものに変える
  • 体内リズムを整える
  • 必要な睡眠時間の睡眠をとる

以上のことを心がけて、質のよい睡眠、つまり深い眠りであるノンレム睡眠をしっかりととれるようにしてください。

人間の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠が90分周期で繰り返すのが質のよい睡眠と言われています。

現在では、睡眠に関してのアプリがたくさんありますので、それらを活用し、自分の睡眠はどのようなものなのかを把握しておくといいです。

睡眠不足による吐き気の解消のまとめ

睡眠不足によって、吐き気はもちろんのこと、めまい、頭痛、激しい眠気などさまざまな症状が出ます。

それらを「単なる睡眠不足」といって対策を講じないと、大病を招くことになりかねません。

睡眠不足で吐き気が起きたならば、身体に負荷をできるだけかけずに、できれば昼寝を10分ほどとってください。

昼寝は長ければいいというものではなく、10分くらいが一番よいのです。

昼寝が長いと返って午後眠気に襲われて集中力など欠き、仕事になりません。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大