睡眠アプリの仕組みとは?

かつては目覚まし時計をかけていて、指定の時間が来たならばアラームが鳴り、そして自然に起きる、というのが一般的な起床の様子だったと思います。

しかし、現在では、睡眠に関して悩んでいる人が多くいて、目覚まし時計をいくつ置いておいても全く起きられないと言った事例など、かなり深刻な状況の場合などが多々あるのです。

そんな中で登場したのが睡眠アプリなのです。

⇒ YouTube 動画はこちら

スポンサーリンク

睡眠アプリの仕組み

一般的な睡眠アプリの仕組みは、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠の約90分という周期を繰り返していると言うことを察知して浅い眠りのレム睡眠のときに目覚めさせるというものなのです。

では、どのように睡眠アプリはレム睡眠とノンレム睡眠を察知しているのかというと、寝返りなどの睡眠中の動きから察しているのです。

睡眠中に身体が動く場合は、それはレム睡眠で、浅い眠りのときなのです。

深い眠りのノンレム睡眠のときはほとんど動かずにぐっすりと寝ていて、睡眠アプリは、それを計測してレム睡眠の時を見計らって目覚めさせてくれるのです。当然、その時の目覚めは指定した目覚め時間よりも早い時間のレム睡眠時と言うことになります。

アプリはまず1週間使ってみる

睡眠アプリによって機能に差がありますので、まず、1週間使ってみてください。

睡眠アプリは学習効果がありますので、ばっちりと自分に合った睡眠アプリに出合うと、その効果は抜群です。

しかし、合わない睡眠アプリを使用している場合は、なかなかうまくすっきりと目覚めると言うことは得にくく、その睡眠アプリは自分に合わないと見切って、他の睡眠アプリに挑戦してみましょう。

スマートフォンのバッテリーや寝返り時に壊れないか心配な人は

睡眠アプリは当然、スマートフォンのアプリの一種で、睡眠アプリを機能させながらスマートフォンを身に付けて寝なければなりません。

そのために、バッテリーの持ちが昼間は大丈夫か、とか、寝返りを打ったときにスマートフォンが壊れないか心配でかえってよく眠れないと言った本末転倒なことになりかねません。そこで、ウェラブル端末の睡眠アプリを使うことをオススメいたします。

ウェラブル端末の睡眠アプリも種類がたくさんあります。

その中で自分に合ったものを見つけて使うことをオススメいたします。ウェラブル端末ですと、寝返りを打とうが何をはしようが壊れる心配はありませんので、変な気苦労なくぐっすりと寝られるはずです。

睡眠アプリをうまく使いこなせば

ウェラブル端末の睡眠アプリをうまく使いこなせれば、もう鬼に金棒で、ぐっすりと寝られ、その上目覚めはすっきりです。

それは睡眠アプリがレム睡眠とノンレム睡眠をしっかりと把捉して、睡眠アプリのユーザが最も目覚めやすいときにアラームを鳴らしたりして、心地よい目覚めに導くのです。

睡眠アプリの仕組みのまとめ

睡眠アプリは、これまでの目覚まし時計ではもう起きられないと言った目覚めの問題を解決するもので、睡眠アプリをうまく使いこなせれば、心地よい寝覚めが迎えられます。

それは、睡眠アプリがレム睡眠とノンレム睡眠を察知して、目覚め時には浅い眠りのレム睡眠時にアラームを鳴らして目覚めを誘うからなのです。

人間の睡眠は深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠を約90分周期で繰り返していて、睡眠アプリは、寝返りなどの睡眠時の動きからレム睡眠を察知して、レム睡眠の時を見計らって心地よい目覚めを誘うのです。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大