睡眠不足を解消するにはどうすればいい?日本人はみな睡眠不足?

休日に寝だめして平日の寝不足を解消しようとする人は、日本人には結構多いのではないかと思います。

それもそのはず、日本人の睡眠時間は世界的に見て非常に短いのです。普段から睡眠不足にある日本人は、睡眠不足を解消しようとあれやこれやとさまざまな解消の方法を試みています。

スポンサーリンク

睡眠不足を解消するには?

先日、世界中の子どもが夜更かしをして睡眠に問題があるとニュース番組で放送していましたが、子どもは大人の世界で起きていることの縮図でしかありません。

パソコンやスマートフォンの登場で、日本人に限らず、世界中の人々がモニター画面とにらめっこする日々に睡眠時間を削ってまで、例えばLINEをしていたりしていて、唯でさえ短い睡眠時間が更に短くなることになるという悪循環に陥っていると言えます。

睡眠不足は日本人である場合、慢性的なもので、全ての人が睡眠不足解消の方法を調べては実践しているのではないかと思います。

しかし、睡眠不足を解消するには早寝早起きをするに限ります。

パソコンやスマートフォンの使用にのめり込んで、寝食も忘れるほどに熱中していて、気付いたならば午前0時を過ぎていたなんてことが、誰にも経験があるのではないかと思います。

また、睡眠不足の人は睡眠時間が短いと言うことをどこかで自慢しているところがあり、寝ないことがある種のステータスを表しているようにも思います。

しかし、睡眠は、心身を休め、特に脳を休めるので、睡眠時間が短いという場合、その休息が不足して、睡眠不足が慢性的となり、或いは睡眠不足症候群のような睡眠障害に陥ってしまう場合があります。

ともかく、睡眠不足を解消するには、早寝早起きしかありません。

最近では、朝、早起きをして、一仕事をするという人が少しづつですが増えていると言います。これは、心身によく、早起きは、当然早寝をしなければ続きませんので、そのような朝早く起きて一仕事を行うという人たちは、理にかなった睡眠不足の解消を実践していると思います。

休日も起床時間を変えない

普段睡眠不足だからといって休日に寝だめをすると言うことは睡眠不足の解消に逆効果ですので直ぐにやめてください。

休日も平日の通りに早く起きて、体調を整えましょう。

寝だめをすると、体内リズムに変調を来す原因となり、睡眠障害の元にさえなりますので、気をつけてください。

一度睡眠障害になるとなかなかそこから逃れられずに睡眠薬を服用しなければ、寝られないという睡眠障害も重篤と思われる状態へとまっしぐらです。

日々、疲労を感じている人は睡眠不足が原因の場合が多いので、気をつけてください。

睡眠時間の補助として10分ほど昼寝をする

どうしても仕事上、睡眠時間を削らざるを得ないという人は、仕方がありませんので、10分くらい昼寝をしてください。

この昼寝は長いと逆効果となり、返って眠気を誘うことになりますので、10分ならば10分と決めて昼寝をすることをオススメします。

まとめ

睡眠不足は日本人の大問題なのですが、仕事上、どうしても睡眠時間を削らなければならないという人がほとんどではないでしょうか。

そんな場合、昼寝を10分ほどすると効果がありますので実践してみてください。

ただし、昼寝は長すぎるとその後の仕事中に眠くなり逆効果ですので、注意してください。

また、できれば、早寝早起きをすることを心がけてください。

最近では、朝早く起きて、一仕事するという人が増えていて、これは睡眠不足解消に一番効果的です。

そして、休日に寝だめをすることは禁物です。

休日も平日と同じ時間に起きてください。そうすることで、体内リズムが一定に保たれますので、休日が終わり次の日から仕事だという場合、不眠になる原因にもなりますので、休日の寝だめは禁物です。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大