睡眠不足の原因とその解消法に付いて考えてみる

多くの人が睡眠不足だとの自覚があると思いますが、それほどに現代人は寝なくなりました。

ある調査によれば睡眠時間は急速に減っているのです。その原因は何なのでしょうか。睡眠不足になりがちな現代人のその睡眠不足の原因を考えてゆきたいと思います。

スポンサーリンク

睡眠という言葉の意味

睡眠は心身ともに疲労の回復が上げられます。

つまり、睡眠不足ですと、この回復が十分に行われておらず、さまざまな悪影響があるのです。

出来ることなら睡眠不足からおさらばして、睡眠を十分に取りたいというのが自然な考えですが、現代ではそれが許されない状況におかれている人も少なくないと思います。

睡眠不足を解消するためにはその原因を知る必要があります。

睡眠不足になるとどんな症状に見舞われるのかを知っておくのは現代を生きる人にとっては必須のことです。

睡眠不足になると日常生活でさまざまな影響や症状が出ますが、それは次のようなものです。

  • 集中力の欠如:簡単なミスをしたり、気付いたならばぼーっとしている
  • 記憶力の低下:覚えたことを直ぐに忘れて何度も同じことを調べる
  • 思考力低下:人の会話が頭に入らず考え事が出来なくなる
  • 居眠り:日中に激しい眠気に襲われる
  • 肌荒れ:ホルモンバランスが崩れ、肌が老化する
  • 肥満になりやすい:食欲を司る神経のバランスが崩れ食欲過多になる
  • 免疫力低下:怪我や病気になりやすい
  • うつ病を誘発する:脳を回復させる時間が足りずにいるため
  • 些細なことでイライラするようになる
  • 急に不安になる
  • 高血圧になる確率が高くなる:心臓の負担が解消できないため
  • ひどい口臭が起きる
  • 子どもの成長が遅れる

睡眠不足になると以上のような症状が起きます。

最も深刻なのは子どもの成長に直結することで、寝る子は育つではありませんが、夜しっかりと寝ないと子どもの成長は遅れることはよく知られています。

それ以外でもさまざまな症状が現れて日常生活に影響します。

このために、一日を充実したものにするためにも睡眠不足は避けるべきものなのです。

また、睡眠を削って何かの仕事などを行っても能率が悪く、それならば、たっぷりと寝た方がどれだけ能率的に仕事などが捗るかは一目瞭然なのです。

睡眠の質は長さ×深さの面積に比例するといわれています。

睡眠不足はこの面積が足りず心身ともに疲労の回復にかかる時間が足りないのですが、睡眠不足の原因を挙げれば次のようになります。

  • 日中に強いストレスの環境の中で活動し、その状態が解消しないまま寝床に入る
  • 生活のリズムが不規則
  • 就寝前でもスマートフォンやパソコンなどを使用している
  • 就寝前にカフェインが入っている飲み物を飲む
  • 就寝4時間前以降に食べる
  • 朝太陽光を浴びない
  • 就寝前に仕事や勉強をするなど頭を使っている
  • うつ病などにかかっていて、不安やストレスを感じている
  • 寝酒をする
  • 運動する習慣がない
  • 合わない枕やベッドを使用している
  • 寝室がうるさい

上記のことが当てはまれば、睡眠の質が悪いか、睡眠不足になっているはずです。

睡眠不足を解消する

睡眠不足を解消するためには、質の高い睡眠をとる習慣を身に付けなければなりません。

睡眠不足を自覚している人は下記のことに気をつけてください。

  • 深い眠りをとる準備をする
  • 睡眠中に深い眠りをとり続けられる環境を整備しておく
  • 体内リズムを整える
  • 自分に必要な睡眠時間を理解しておく

以上のことを心がけて日常生活を送ってください。

睡眠不足の原因とその解消法のまとめ

睡眠不足の原因はさまざまありますが、それは上記に列挙したもので、現代生活にはつきもののことです。

それは避けようにないのかも知れませんが、少しでも睡眠不足の原因を知れば、それを改善すれば睡眠不足解消に役立ちます。

睡眠不足は万病の元です。忙しい現代人にとって睡眠は現在、大問題となってします。誰もが快眠がとれずに睡眠不足になりがちであるのです。

このような現代人にとって睡眠の質高めることは夢の話なのかも知れませんが、少しでも深い眠りをとる時間が長くなることを目指してください。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大