睡眠不足の解消に役立つ食べ物は?

睡眠不足には、食べ物に気を配ると解消するという食べ物があります。

それは、食べ物の中に脳をリラックスさせたり、睡眠を促進するホルモンが含まれている食べ物です。

スポンサーリンク

睡眠不足は日本人の5人に1人いると言われ、最早、日本人は総じて睡眠不足である場合が多いという日常生活を送っていると言えます。

睡眠不足が慢性的に続く場合は、睡眠不足症候群といって、睡眠障害になってしまっている場合も考えられます。

そうなると、うつ病など、深刻な病を誘引しますので、睡眠不足を解消することが何よりも大切です。

睡眠不足がひどく、日中に非常に強い眠気に襲われるといった症状が続く場合は、睡眠不足症候群という睡眠障害の可能性がありますので、専門医に相談してください。

しかし、軽度の睡眠不足で、日常生活に支障を来していない場合は、日常生活を規則正しくしたり、あるいは食べ物に気を配るなどすると解消できます。

⇒ YouTube 動画はこちら

睡眠不足に効果がある食べ物

睡眠不足の解消に役立つ食べ物は脳をリラックスさせる食べ物と、眠気を誘うホルモンを分泌する食べ物に分類できます。

脳をリラックスさせる食べ物

第一に脳をリラックスさせる食べ物というか、飲み物に牛乳があります。

温めた牛乳を飲むと眠れると言うことは、実際にそうしている人には経験知として知っていると思います。

牛乳にはカルシウムが十分に含有しているため、カルシウム不足で神経過敏になっていたり、イライラしていたりしている脳をリラックスさせるのです。

牛乳の他に、バントテン酸という成分が含まれている食べ物も、睡眠不足解消に効果がある食べ物です。

例えば、レバー、たらこ、干し椎茸などにバントテン酸が含まれていて、睡眠不足解消に役立ちます。

眠気を誘うホルモンを分泌させる食べ物

眠気を誘うホルモンには、さまざまあります。

例えば、トリプトファンという物質は、睡眠不足を解消する脳内物質であるセロトニンを作るのに欠かせない物質で、このトリプトファンを含む食べ物にバナナや牛乳、大豆食品などがあります。

バナナ、牛乳、大豆食品はどれも食べ物としての相性がよく、一度に全ての食べ物がとれますので、睡眠不足の解消に効果があります。

この他にラッコクピコリンという物質は、精神を落ち着かせ眠気を誘う物質として知られています。

ラッコクピコリンを含む食べ物としてレタスの芯があります。夕食にはレタスの芯を調理した食事をとると睡眠不足解消に効果があります。

そして、酸化アリルという物質を含む食べ物も睡眠不足解消に役立つ食べ物としてあげられます。

酸化アリルは直接は睡眠効果がある物質ではありませんが、疲労回復効果があると言われていて、睡眠不足で蓄積した疲労はストレスの元になります。

そんな時に酸化アリルを含む食べ物をとると疲労回復を促進し、快眠を誘うと言うことになるのです。

酸化アリルを含む食べ物としてネギやニラなどがあります。

以上が睡眠不足解消に役立つ食べ物ですが、この中で、牛乳とレタスの芯は特に睡眠不足解消に効果がありますので、それらを積極的にとることを心がけてください。

睡眠不足の解消に役立つ食べ物のまとめ

食べ物に含まれる物質が眠りを誘う物質であったり、脳をリラックスさせたりするホルモンを分泌させるものであったりと、食べ物に気を配ることで睡眠不足解消に効果がある食べ物があるのです。

中でも神経過敏でイライラする原因となるカルシウム不足を補うのに、牛乳を飲むことで解消され、脳がリラックスする食べ物や、セロトニンという脳内物質を作るトリプトファンという物質を含むレタスの芯など、眠気を誘う食べ物があります。

それらの食べ物を積極的にとって、少しでも睡眠不足の解消に努めてください。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大