睡眠を誘うBGMにはどんな音楽がいいのか?

睡眠へと移行するとき4段階あると言われていて、(θ波)の状態がまどろんでいる状態です。最終的にはデルタ波(δ波)になると深い睡眠状態であることになります。

つまり、θ波の音楽をBGMを聴けば自然とまどろみの状態へと誘われるはずなのです。

睡眠に至るにはα波、θ波、δ波、γ波という段階があります。

スポンサーリンク

睡眠に移行し、害がないという点で、睡眠時にBGMとして音楽を聴くとその効果が不眠に対してあります。

現在ではα波やθ波に特化したヒーリング音楽が配信されていますので、それらを寝るときに聴くといいかもしれません。

ヒーリング音楽は、その名の通り癒やしの音楽のことですが、それらは脳波に呼応するように種類があります。

α波が出る音楽がうたい文句の音楽など脳波に応じた音楽というものが世には既に存在し、その効果に預かっている人もいれば、不審の目を向けている向きの人も実際います。

簡単に言えば、音楽には睡眠を促す効果が一定程度認められるのです。

しかし、全ての音楽にそのような効果があることはなく、また、音楽そのものに不眠を治す力はありません。

音楽の使い方で睡眠によい効果があることが期待できるのみで、不眠症を治す働きはないのです。その点を押さえて例えば「」などのうたい文句のCDなどを買い求めることをオススメします。

そして、睡眠に至るには脳波はα波、θ波、δ波、γ波の4段階があり、この中で、α波とθ波に働きかける音楽がヒーリング音楽の主流のようです。

基本的に音は睡眠の邪魔になる

基本的にBGMとしての音楽は睡眠の邪魔になります。これは当然のことです。

静まりかえった暗い部屋で横たわることで睡眠に誘われるわけで、そこにBGMとはいえ音楽がかかっているとそれに気がとらわれて覚醒状態のままにあり、いつまで経っても眠れない状態になります。

寝る状態に導くには、音楽を聞くと言うことに意識を注力することになく、活性化している脳や神経を鎮めることが肝要です。

耳から入った音は刺激として脳に送られ脳は音によって刺激を受けることで活性化します。このために、音楽を聴くと脳を刺激するので原則的には脳が活性化してしまい、睡眠の邪魔になるのです。このときにお気に入りの音楽をかけるのは余計に脳が活性化しますのでやめるべきです。

眠るためには脳を鎮めることが必要ですので、暗い部屋で静かなことが眠りを誘う条件です。

安眠できる音楽とは?

それでは、例えば「安眠CD」とかうたっている音楽に効果がないのかと言えば、一概にそうとは言えないのです。音楽に眠らせる力はありませんが、効果が全くないかというとそんなことはないのです。

そこでα波などの脳波の登場です。ゆったりとした音楽を聴くと心が穏やかになります。これは、副交感神経が優位になり、筋肉の緊張がとれて、心身ともにリラックスした状態になります。そして、このリラックスした状態なると脳波はα波に変わることが知られています。

α波優位の状態に脳がなれば、睡眠の準備に入ったと言うことになりますので、α波を起こしやすい音楽は間接的に眠りに効果があります。

つまり、安眠CDなどとうたっているものは、眠りの質をよくするとか眠りを深くするとか言う効果はありませんが、「眠りに入りやすいリラックス状態を作ってくれる」というのが正確な表現です。

どんな音楽をBGMにすると安眠に誘ってくれるのか?

α波やθ波などが出やすくする音楽は現在、ヒーリング音楽として音楽の中で一ジャンルを作っています。それではどんな音楽が寝るときにBGMとして最適なのでしょうか。
それは以下の通りです。

  • 単調な音楽
  • 歌が入っていない音楽
  • 静かでゆっくりとした音楽
  • 極端な高音・重低音がない音楽

これはどうしてそうなのか想定できると思います。

単調な音楽は人を眠りに誘います。単調な音楽はすぐに意識が音を追うことをやめリラックス状態へと導くことになるのです。

歌が入っていないのも、歌詞を意識が追わないようにするためです。

睡眠を誘うBGMのまとめ

睡眠に至るには脳波はα波、θ波、δ波、γ波という段階を経て、深い眠りへと入ってゆくのですが、不眠に悩んでいる人は睡眠時に音楽を聴くことは一定の効果があります。

しかし、それはどんな音楽でもいいのかというとそんなことはなく、単調で歌がなく、そして、高音・重低音がないゆったりとしたヒーリング音楽がオススメです。

それ以外にはブライアン・イーノなどの環境音楽もまた、眠りに誘う音楽と言えます。

それらの音楽を寝るときにBGMとして聴くことをオススメします。

睡眠をサポートするサプリやツール

睡眠をサポートするサプリやツールをご紹介しています。

是非ご覧になって、問題の解決に役立てて下さいね。

⇒ 睡眠をサポートするサプリやツールはこちらです。

スポンサーリンク
レクタングル大